FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第10話

  「お父ちゃん…ちょっとこっちへ来て、これ食べてみて…。」

 「え~~っ、今度は大丈夫やろな…?この前の奴は危なかったど……。」

 「危ない分け無いやんか……味は別として、食べられるモンしか出してへんやろ。」

 「味は別やとしたらアカン…そこは重視して欲しいんや…そこが問題やと思うで……⁈…」                            「…う……わっ……これ、これはアカンやろ………始めからアウトやんけ。」

  「…始めからアウトはひどいやろ~ せめて一口でも…食べてからにしてえなぁ……。」

 「その一口が無理やろ…?せやからアウトなんや。」                                                「見た眼だけでも怖いのに、台所に充満してるこの匂いが…俺に食べたら危険やと…教えてくれてるやないか…。」                 「労働者にとって、いかに休日が大切か…ちょっとは考えてもらわんと…。」

  「なにを大袈裟な事を…ちょっと、焦がしただけやんか……早よ食べて意見を……。」

  「ちょっとでも、大袈裟でも無いやろ…?食べてみんでも……それが俺の意見や…。」

 「何を眠たい事…言うてるんや…マサが、非番やったら食べさせるんやけど、今日は、はお父ちゃんしか居てないやんか。」      「せっかく作ったんやで…早よっ!」

 「せやから、せっかく…作らんでもええんや…。」                                                      「昌幸もたいがい、えらい目に合されてるみたいやけど…そのうち、どっちか…死ぬ日が来るど。」

 「アホな事言わんといてや……お父ちゃんとマサが死ぬようなモン、お客さんに出されへんやないか…。」

 「夕子、お前…だいそれた事を考えたらアカンぞ……そんな事したら、大阪の食文化が…根底から崩れてしまうやないか。」

 「やかましいわ!なにが、大阪の食文化やねん…アホっ。」                                              「こないして、眼と鼻を押さえて食べたらええんや……観念して食べんかい…このくそ親父が………。」

 「こ、殺される~~」「……あっ、これはアカン…だいたい、なんて云う料理やねん…?」「なにが入ってるんや…?」

 「これか…? これはやなぁ…筑前煮が煮詰まり過ぎて、途中からきんぴらへと華麗なる変身をとげた……と云う……。」          「今日しか、味わう事の出来へん…貴重な一品なんや…なっ、生きてるやないか…。」

 「2時間後に死んだら、ど~するつもりや?だいたいやなぁ…なんで、無事に完成したモンを食べさせてくれへんのや~?」

 「そこやねん…… 無事に完成したら、自分でも食べるんやけど、中々…無事に完成してくれへんのや………。」

   「…自分で、食べた事は…在るんか…?」

   「……ない。」

  「お前、料理学校に通いながら、努力の順番…間違うてるんとちゃうやろなぁ…?」

   「努力の…順番ってなんやねん…?」

 「俺に、詳しい事は分からんけど…普通は、技術と味付けとを並行して習うんとちゃうんか…?」 

「う~ん…どうやろか?とにかく、まだまだ基礎的な事ばっかりやからなぁ…それに味付けも…技術の内やないのんか…?」

 「それは、そうやなぁ。」「でも、お前が器用なんは…よう知ってる…それこそ、包丁さばきなんか、最初はど~なる事やと思うたのに、今やお母さんが驚くほど上手いやないか。」                                                     「それやのに、味付けときたら…幼稚園レベルや…これって、不思議やと思わへんか…?バランスがおかしいやろ…?」

 「それで、努力の順番ってか…?自分でも、おかしいとは思うけど、理由は分からへん。」                         「あえて言うなら、包丁を持ってる時は楽しいけど、包丁を置いたとたん…ど~云う分けか緊張感が緩むんや。」

  「それが理由やろ…。一言で言うたら…性格に問題が在るんや。」

   「えっ、そうやろか…?」

 「それしか無いんとちゃうんか…?昌幸やお母さんはどない言うてるんや?」

「マサはこの前、『今回は自信作やで』って、食べさせたら、よっぽど嬉しかったんか…涙流しながら食べて、眼、どころか唇まで 腫らして…『もうちょっと辛さを押さえたら、ばっちりや。』って、言うてくれたから、お父ちゃんと都合が合う時に、二人に食べさしたるつもりなんや。」

 「なぁ夕子、一週間ほど前なんやけど…昌幸の奴、真っ赤な眼と腫れた唇で、ここへ来てなぁ『先生、巻き込んですみません』…って言うて帰りよったんやけど…今の話と合わせて…なんか関連が在るんとちゃうか…?」

  「それは無いわ。泣いて喜ぶほどやのに…マサが素直なんは、お父ちゃんもよう知ってるやんか。」

   「……ほ、ほんなら、お母さんは…なんて言うてるんや…?」

「マサと、お父ちゃん以外には『食べさせたらアカン』って…他は、まぁ『ボチボチ頑張ったらええやん』と、それぐらいやで。」

「今のところは、週一の日曜日だけやから持ち堪えてるけど『ボチボチ頑張る』んも、ほんまにボチボチにしといてくれるか。」

 「あっ、そうや…この【変身・筑前煮スペシャル・きんぴらバージョン】はちょっと失敗やったけど、今日の晩御飯はマサと一緒にその【自信作】を食べさせたるわ……あいつ、今日は…夕方には帰って来よるんや。」

「いや~残念やけど、今日は茂ちゃんらと飲みに行く予定が……それに『変身…なんとか』の失敗は【ちょっと】や無いで…。」

 「あっ、それやったら…今から材料買いに行くついでに、断っといたるから…心配いらんで。」                        「ほんで……マサとこにも寄って、おばちゃんに伝言たのんどいたら…一石二鳥やんか。」 「ほな、行ってくるわ~。」

   「…行ってらっしゃい………。」「…昌幸、一生恨むからな…。」

スポンサーサイト



コメント

マサ、優しいなぁ、男やなあww

筑前煮って、簡単なようで難しい。
夕子の「実験」につき合わされても「美味しい」って言うマサが、けなげで笑えたwww
惚れてるんやなあ。男前はやっぱり強いだけじゃなくて、優しくないとな。
最初っから、キンピラ作ったら消防車呼ぶ騒ぎになってたなww
夕子を愛する男どもの哀愁が、おもしろすぎww

藤井美菜さん、いつも有難うございます。

9話の後お話したように、ここからが本編だと思って下さい。

夕子と昌幸の快進撃が続きますのでお楽しみを……

ま、ま、まさか・・・・・・・・・・・

実際に経験したことではないのでしょうね!
たとえば、奥さんとかが実際にこんな料理を作って食べさせられたとか・・・・・・・・・ゾッ!(笑)

ちかい事が在りました・・・

前作も含めて、物語の7割ほどは、似たような事を材料にしていますが……

この件につきましては、実の妹にほとんどこれに近い経験をさせられた事が在ります。セリフもほとんど物語通りだと思ってもらって結構かと……

この10話からが本編です、今後も夕子と昌幸の活躍を応援してやって下さい。
非公開コメント