FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第9話

 「とうとう卒業ですね…青田先輩、有難うございました。」「 ほんまに、これからも仲良くして下さい…お願いします。」

 「私もお願いします。」「先輩は、私らみんなの憧れなんです……並んで歩くだけでも…嬉しいんです。」                  「先輩が彼氏やったらええのに…って、思うてるのは…私だけや無いはずですわ。」

  「有難う……もしかしたら…うちは、男より…女にモテるタイプなんやろか…?」

   「もしかしたらって…もしかせんでも、絶対そうです。」

    「アキちゃん…あんただけは…また………。」

 「あっ……ついつい…」「…でも、羨ましい話ですよ…先輩には最高の彼氏が居てる事ですし…。」                        「彼氏は一人で十分やし、その上、彼女が何人も居てるなんて…目茶苦茶カッコええですやん。」

 「だから~~アキちゃん…って……。」「先輩、いつもの事で、すみません……いつものように聞き流して下さい。」

 「いや、かまへんけど…」「なぁ、マサ…藤川って評判ええんか…?『カッコええ』とかは聞いた事は在るんやけども……。」

 「そんなん、無茶苦茶カッコええですやん。」                                                            「え~っと、この中でも、浅井さんと横田、大塚の3人は好きって云うか…大ファンって云うか……。」

 「ストップ!」「もぅ~~なに言うてるねん……先輩、勘違いせんといて下さいね。」「アキ、あんただけは…ほんまに……。」       「アキの暴走を止めるんは…良子の管轄やろ…後輩まかせにせんと、しっかり頼むわ~~。」

  「まぁ、誰がどう思うててもかまへんし、勘違いもせえへんけど…あいつ、そこそこ人気が在るんやな…?」

   「それは………なぁ…!?……」

 「……仮にですけど…もし、青田先輩の存在が無かったら…バレンタインデーは…かなり危険な事になると思いますよ。」

 「間違いないですね……危険かどうかは別としても…キャリーバッグぐらいは、必要やと思います。」

   「えっ…それって、冗談やろ…?なんぼなんでも、そこまでは……⁉…」

    「いえ、青田先輩の手前…控えめに言うてるつもりですけど……。」

   「嘘やろ…⁈ ほんまに…? あいつ…そんなにモテるんか…?」

「断トツですわ…この周辺の学校、特に女子高なんか大騒ぎで…藤川先輩の試合って…応援団は女の子ばっかりですやん。」     「横田と大塚なんかも、応援に……は…必ず………。」

  「はい、先輩ストップです…そこまで。」

  「あんたら練習サボってと違うやろなぁ…?」

 「いや多分……日曜の試合とかだけやったはずやと…そ、それに、何試合も前の事は記憶が曖昧やし……。」

 「はい、それもストップです……何試合もって云うのはちょっと…具合が……」「それに、高木キャプテンも一緒に……。」

 「わ~~~~っ!」                                                                      「横田の、練習メニューは見直した方が良さそうやなぁ…と、考えてたところなんや……なっ、もう終わりにしよ…。」

   「あんたら、ほんまに……?」

 「いや~~1回も応援に行ってない女子の方が珍しい…と言うか…ど~~言うたらええのか………。」                           「でも…そもそも…青田先輩はどうして…応援に行かないんですか…?」

  「そんなもん、勝つのが判ってるからに決まってるやないか。」

「え~っ、それは調子が悪い時も在るやろうし、やってみるまでは…第一、応援って力になる事を先輩も知ってはりますやんか。」   「もしも負けたら…『応援に行っといたら良かったのに…』って後悔しませんか…?」

 「全然…!」「もしも負けた時は『アホッ!』…って云うたらしまいやんか。」                                   「けど、なるほど…うちが応援に行ってないのを知ってると云う事は……これって、たしかに試合に行かんと判らん事やわなぁ。」

  「はい……うちの生徒だけでも、50人前後は…いつも行ってるはずですよ…。」

  「そうそう… ほんで会場に入ったら、とにかく最初に青田先輩を探すんですわ。」

   「えっ、ほんまかいな……?」

 「それは、先輩が居てたら困る…って事は無いんですけど、居てない事が判ると、ちょっとでもええ席で応援せんと…ねっ。」

  「だいたい、学校別に別れて陣取るからね…。」「一番大きいのは、○○学園の応援団です。 いっつもですわ。」

 「ちょっと待って、もうええわ……なんや気持ちが悪うなってきた…。」                                        「ほんなら…あいつが、チョコレートの一つも貰われへんのは全部…うちのせいやと云うんか…?」

 「…………」「…!……」「……❕……」「…………」「……‼…」「………⁉…」「……………」「………!…」

 「いま…半分ぐらいがうなづいて、半分ぐらいが首を斜めに……」「高木、あんた…首が斜めに動いとったけど…?」

「あ~っ、一つも無いかどうかは不明ですけど…うちの【学校内では絶対にゼロ】のはずです…と、云う意味の【首斜め】です。」

  「…説得力があるのか無いのか………ほな、あいつのファンやと言うてくれる…浅井は…?」

 「う~~~っ… はい!打ち首覚悟で、正直に報告させて頂きます…。」                                      「青田先輩が居て無かったら…『遠慮なく渡すに決まってるやんか…』と、云う意味の『直首』です。」

「もうええ……疲れて来たわ…。」「マサの話は…もうこの辺で…終わりにしとこ………せっかくの機会やから…ちょっと…。」                 「…なぁ…うちの噂はどうなんや…?後輩の男子らは…うちの事をどない言うてるんや…?」

 「完璧な校内の一番星です…!男らしくてカッコええって…絶大な人気ですよ。」                               「誰に聞いても…男女の区別無く、答えは同じはずです……もちろん、藤川先輩でもかないませんわ。」

「うわっ~~ 今のは、一斉にうなづいとったけど…『男らしくて…』と云う部分に…反応したとは思わんようにしとくわ…。」       「自慢や無いけど…同級生にモテたりした事は…子供の頃から一度もない……。」                               「…なぁ…後輩と云う事は別にして…彼女になって欲しいとか云う話は聞いた事、無いんか…?」                                 「おいおい…今も一斉にうなづいたようやけど…うちの…気のせいなんか~?」

  「…………」「………」「…………」「…………」「………」「…………」「……………」「…………」「…………」

   「なんで、一人もうなづかへんねん…?今のは…ピクリとも動かんかったやないか…?…」

「それは…… 私らは、女やからチョコレートも渡せますけど、男子は、あの藤川先輩の事を考えたら…とても告白なんて…。」

 「そうか、やっぱりなぁ… あいつがチョコをもらわれへんのは、確かにうちのせいかも知れん…それは認めるとしても…。」       「うちが生まれてから今まで…男の子から、一度も告白とか…言われた事が無いんも…確実にあいつのせいやったんや…。」

  「…………」「………」「…………」「…………」「………」「…………」「……………」「…………」「…………」

「おい、またもや全員、ピクリとも動かへんのは…なんでやねん…?」「なぁ高木…陸上女子代表として説明してくれるか…?」

  「……ちょ…ちょっと……高木キャプテン…なにしてるんですか…?」

 「……い、いや、青田先輩から離れとかんと……」「私も今後、陸上部を引っ張っていかんとアカン体やから………。」

  「おい高木……どんな事を喋るつもりやねん…?」

  「え~っと…いろんな要素が考えられますが、私がまず……まず真っ先に思うのは………」

   「…真っ先に、思うのは…?」 

  「…青田先輩のスパイク…白いですけど……裸足になっても、真っ白なスパイク履いてますよね…?」

  「高木…なんや勿体つけて……日焼けの話をしてるんか……?」

 「はい…。更には…ランパンと競技用のハイカットショーツとで出来た二重の日焼け………。」                       「小学生でも…あんな黒い子は見たことが無いほどですけど……え~と、ここからは、良子が言い始めたんですけどね……。」

「ちょ、ちょっと待ってや…勿体つけてると思うたら…」「…あれは……あれは、青田先輩…陰口で言うたんやないですからね。」

  「…ここまで来たら…何を聞いても怒らへんから……勿体つけんと…早よしゃべり…。」

 「はい…くれぐれも言うときますけど……私とちゃいますよ…良子がですよ…。」                               「良子が…心を込めて、しみじみと『…あの黒さ、脂肪ゼロの筋肉と筋だらけの足…マサイ族や~~。』って…良子が……。」

 「ちょっと、ちょっと…良子、良子って、卑怯やんか……みんな一緒に爆笑しとったくせに……。」                      「ほらっ…!伊藤ちゃんなんか、今も、唇かんでこらえてるやんか…。」「そ、そうや…青田先輩…続きがあるんですよ…。」        「高木さんこそ、その後…『いやいや、青田先輩の場合…なんと云うても上半身こそ…真骨頂やで…!』って……。」

「アカン…!良子ゴメン…私が悪かった……踏み込んだらアカン領域ってあるやろ…なにより…そろそろ帰る時間やろ…?」

「もう踏み込んでる…ここまで来たら…それは聞こえへん。」「青田先輩に、隠し事は通用せえへん…私の覚悟は整うた…。」    「…では、改めまして…青田先輩もご存じの通り…陸上部の日焼けって、ランニングシャツだけや無うて、競技用セパレートやスポーツブラの日焼けって…当然ながら、みんな当たり前の事ですよね…?」

  「良子、アカンて……二人だけの秘密って…約束したやんか…。」

 「もう遅い……あんたも覚悟を整えとき……。」「青田先輩も当然…セパレートとスポーツブラで出来た…二重の日焼けが在るはずですよね…?せやけど在る時、高木さんが…シャワールームで見たものは……!?…」

 「…アカンて……今日の良子は、いつもの【アキ】より…アカン……今日は逆に【アキ】が良子を止めてえな……。」

   「キャプテンと云うのは忘れてええから、一年で押さえとき…。」

  「…悪い予感しかせえへんけど…聞くしかない……良子、高木が見たものは…?」

 「どう見ても、スポーツブラだけで出来た、二重の日焼け跡…その心は…?」

 「……その……」「…ゴクっ…」「…………」「……心……」「………」「……は……」「………?……」「…………」

   「…アカン…うちの人生…今日までや………。」

 「あっ、あれか~~~?!なんや~あんなもん…なんにも大した事やあらへんやんか。」                           「高木も、なんも心配する事なんかあらへん……ただ…前と後ろを間違うただけや…誰でもする事やんか…?」

 「………」「…!……」「……❕……」「………」「……‼…」「………⁉…」「…え~~っ…」「……!…」「…うそ…」

 「………嘘やろ?」「今…全員が……首を横に…? 嘘やん…誰でも1回ぐらいは……えっ……1回も無いんか…?」

  「……無……」「…!……」「……❕……」「…………」「……‼…」「………⁉…」「……な………」「………!…」

 「………もうええ…何回、うなづくつもりやねん……見てる眼がしんどいわ……」                               「確かに、競技用セパレートは間違いようが無いし…普通のブラジャーも間違いにくいかも知れんけど………。」            「せやけど、スポーツブラに関しては…前も後ろも…見わけが付かへんやないか……?」「…なぁ…みんな……?」

 「付くでしょ…普通…。」「それに…『普通のブラジャーも間違いにくいかも…』って言いましたよね…?」                   「あの~~青田先輩…『かも』って事は…普通のブラジャーは使わないんですか…?」

 「えっ?…伊藤ちゃんやったら、まぁ必要かも知れんけど…他のみんなかて、うちとそんなに変らんから…いらんやろ…?」   

 「いります!普通…絶対に必要でしょ…?本気で言うてるんですか…?」                                   「先輩には、何べんも驚かされて来ましたけど…卒業式に衝撃の事実が明らかになりましたわ……。」

  「そ、それって… まさか先輩…もしかして、ブラジャー持ってないんですか…?」

 「え~~っ…そんなんもん……せ、せやから365日、スポーツブラやんか…。」「高木は持ってるんか…嘘やろ……?」

  「持ってますよ!当たり前ですやん。」「まぁ…私の場合…高校に入る前からくらいですけど…ね。」

 「と、言う事は…中学生の時から…? 嘘や…高木でも……?福田は……絶対にいらんはずや……なぁ…?」

 「…残念ながら、私も…正直、あんまり必要は無いんですけど…去年、入学してからは……高木先輩と同じです。」

 「せやから、スポーツブラやろ…?うちも、スポーツブラは中学の時から…当たり前に……。」                       「えっ…?違う……?嘘やん……ほんま…に…?」「…なぁ…誰かなんとか言うて………高木…助けてくれ……。」

   「先輩、この頃では…小学生から使ってる子も…珍しく無いんですよ…。」

「確かに居てたよ…今田の…そんな事はど~でもええねん…でもそれは、特殊な…ホルスタインとかの仲間とちゃうんか…?」

 「…今田さんとか言う人には内緒にしときますけど…牛やないんやから…ほな、先輩は何の仲間なんですか…?」

  「うちは、その…スペアリブとか……骨付きカルビとか……。」

   「…意味が判りませんわ。」

  「スポーツブラにもサイズは在りますよね…?先輩の場合は……?」

「うちか…?うちはやなぁ…その手の話は興味がないし…好きでもないし…まぁ指定さえ無かったら…中学当時のままでも…。」

「先輩、そろそろ気がついて下さい。」「先輩って、美人かって聞かれたら、物凄い美人ですけど、暗い処では表情も判らんほど黒いし…そのゴツゴツした体にその髪型では、初めて会うた人は、カッコええ男前としか見えないと思いませんか…?」

 「……確かに…学校以外のトイレでは、男やと思うて睨まれる事も多いわ……。」                               「その代り、混んでる時は男子トイレに行っても…バレへんから便利なんやで…ええ事もあるんや…。」

   「それが出来るんは、地球上で…青田先輩だけです!」

  「元々、なんで告白された事が無いのかって云う話やったんですよ……あっ、すみません…。」

   「……ようするに、男らしいけど…女としては、魅力の欠けらも無いと……?」

 「…………」「………」「…………」「…………」「………」「…………」「……………」「…………」「…………」

   (うわ~~これはマズイ…) 「おいっ……いや……欠けらぐらいは…なぁ……?」 

 「……はい……」「……そ…」「……!?……」「……えぇ……」「…………」「……もち……」「…!!……」「…………」

  「…青田先輩………これからも、根性と勇気で頑張って下さい。」

 「うん…有難う………。」「みんなも、高木キャプテンの言う事を守って、怪我だけはせんように…気を付けて頑張るんやで。」   「そして今日、気が付いたんやけど…これからは、紫外線対策もした方が…日焼けは皮膚ガンの原因やとも言うし…なぁ…。」

スポンサーサイト



コメント

学校1番のベストカップルww

アキちゃんの性格って、この物語に無くてはならない存在ですねww
マサがチョコもらえないのは、夕子がおるから、だいたい想像がついてたけど、マサがゴツゴツしたマッスル男じゃないってわかって意外wwモテてるんや!
なるほど、夕子に渡るチョコに力が入りすぎちゃうんかと思ったけど、それで理由が分かりました。
砲丸チョコも、別の意味があったりしてww
夕子・・ブラ無し、おっとこ前やなあww

藤井美菜さん、いつも有難うございます。

正直なところ、ここまでは序章です。

高校も卒業し、ここから本当の夕子とマサの青春篇が始まります…応援と同時にお楽しみください。
非公開コメント