FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第66話    (ただいま~おとうちゃん…)

 「ただいま~お父ちゃん、どないしたんや…?」 「お父ちゃん…って…。」

   「…おう、夕子か…お帰り…。」

  「ボーっとして…どないしたんや…?」

    「いや…ちょっとな…。」

  「まさか、調子が悪いって事は…うち以上に無いわなぁ…。」

 「…無いな…怪我以外で医者に掛かった覚えが無い……なぁ夕子、お前今日あたり…お母ちゃんとこへ行くか…?」

 「いかへん……なに言うてるんや、金曜日やで…今週は火曜日も行ったけど、基本は土曜日や…あしたやんか。」         「あしたはマサも一緒に…和風クリスマスの予定なんや…お父ちゃんの嫌いな…けど、なんでそんな事…聞くんや…?」

 「いや、別になんでも無いんやけど…俺は今日、ちょっと顔を出しに行くつもりなんや…それで…なっ…?」

 「明日から冬休みに入るから…年末年始の営業日は…出来るだけ手伝うつもりやけど……。」                              「…お母ちゃんに…なにか……?……」

 「心配いらん…別に、なんにも無いんやけど……。」                                               「…どっちか言うたら、ええ話や……なっ、せやから…いらん心配せんでもええ……。」

  「…うん。 わかった…。」 「…絶対に、しょうも無い事…言うたり、したりせんといてや……。」

 「心配すんな…お父ちゃんにしたら、ちょっと…ええ事が在ってなぁ…それの報告がてらに、行くつもりなんや。」

  「…⁉…」 「…それって…もしかして……。」 「…ほんまにぃ…?」

    「ほんま…や…。」



    「…うわっ!」

   「いらっしゃい……。」

  「びっくりするやないか…いきなり…開いたら……いつから自動扉になったんや…?」

 「お客さんも引けて、一息ついてたら…かすかに【赤いランプの終列車】…が聞こえて来たんよ…。」                    「こっそり覗いて見たら…サブちゃんが近づいてくるもんやから……。」

   「…ばっちりやった訳やな…?」

  「こんだけ上手い事、決まるとは思うて無かったけど…大成功…。」

 「この頃何かと、心臓に悪い事が続いてるんや…。」 「ええ加減にしといてくれるか…頼んどくで、ほんまに…。」

 「…はい、まぁ一杯…私にも注いで…心臓に悪い事なぁ…それは、ほとんどサブちゃんの自業自得やんか…。」           「ええ加減にしといて欲しいのは、こっちの方…。」 「一番そう思うてるのは夕子かも知れませんなぁ…。」

  「またぁ~『ドキッ』って、だけや無うて…『グサッ』…も在るんや……。」

 「なるほどねぇ…今日はもう店じまいですわ…これを先ず片づけてくれませんやろか…?…」

 「おう、旨そうやないか…食べるモンなんか何でもかまへん。」 「そっちの南蛮漬け…は…アカンか…?」

 「もう、一枚だけでっせ……今日の分は売り切れて…ここに在るのは、元々明日の分なんやから…。」 「…はい…。」

   「うん、御免やで…。」  「ちょっと酸っぱいなぁ……。」

  「せやから、明日の分や…言うてますやろ! ほんまにぃ…。」

   「…今のは、『ドキッ』…の方やったど…。」

  「もう、たいそうに…。」  「あっ、暖簾しもうといて下さいな……お願い……。」


  「よっしゃ、入れといたで……ほんでやけどなぁ…おい、聞こえてるか…?」

   「…聞こえてますで………ええ報告が在るんですやろ…?」

 「なんでもお見通しやなぁ…いつもながらビックリするわ…。」                                          「せやけど、今日はまだ…何にも言うて無いやないか………なんで判るんや……?」

  「なんと言うても、鼻歌…歌いながら来るくらいやからね……。」

    「そうか……ほんま…か…?」

  「もう、嘘に決まってますやんか……電話が在りますんやで、今は……。」

   「えっ……ほんなら…?…」

  「言うたらあきませんで…私が言うた事は…内緒にしといてや……。」

   「うん… ほんで内容も聞いたんか…?」

 「いいえ、聞いてません…。」 「よっぽど、嬉しかったんですやろ……。」                                   「弾んだ声で…『今日、お父ちゃんが、ええ事が在った報告に行くそうや…楽しみにしといてや。』…って、それだけ言うて切られましたわ…。」

 「…そ、そうか………。」                                                                  「それでな…お前の事やから…もう判ってるとは思うけど…あれが…もう、あれのお客さんは居て無いようになったんや。」

  「はい… もう、それしか在りませんわなぁ……後は、私……ですか……。」

 「ホッとした…って言うのが本心や……それで報告を、なっ…。」                                        「せやから、お前にプレッシャーを掛けるつもりで来た訳や無い……気持ちの整理が付いたらでかまへんから……。」

   「…はい……堪忍やで、サブちゃん……実は………。」

  「解かってるつもりや…無理もないわ……俺の方こそ、堪忍してくれ。」

   「…いえ、なんて言うたらええんやろか……?」

  「この前の…『きたない手でさわらんとき。』…がすべてを物語ってるんやろ…?」

    「…サブちゃん…。」

 「うん……今日のところは、そろそろ帰るわ……。」                                                 「明日は、夕子と昌幸が…和風クリスマスをここでやるらしいなぁ…楽しみにしとったで……頼んどくわ…。」

   「はい…まかしといて…。」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント