FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第62話      (いらん事言うたら…)

    「いらん事言うたらしばくで…。」

  「…いきなり睨みつけて… どないしたんや…?」 「まだ、なんにも言うてへんやないか…?」

    「そのまま、だまっとり…。」

   「なぁなぁ…俺が言う事、分かってるんか…?」

  「…口が、しゃべりたがってるやないか…… 内容は、あんたの事やから…大体の想像はつく……。」

   「えっ~そんなん…分かる訳、ないやろ~~?」

    「わかるんや…!」

   「ほな、確かめてみようや…?」

  「たしかめんでもええ…判ってる。」

 「なぁ…頼むわ~ 確かめさせてくれ~。」

    「……………」

  「どんだけ考えて来たと思うてるねん… ゆうべ、寝られへんかったんやで…。」

  「今ので、うちの考えが正しい事が証明された…絶対に言うたらアカン。」

    「そ…そんなぁ~~~。」

  「それから、とうぶんの間…うちの家には出入り禁止や… 忘れたらアカンで…。」

   「え~っ それは… アカン………そんなぁ~~~」

 「そんなぁ~も、ヘッタクレもあるか! お父ちゃんと、マサが揃うたら…ロクな事が起きへんやないか…ホンマ…。」

 「なぁ、今日だけでもええから……いや、それも困るけど…なぁ、頼むわ~~この話は先生にも聞いてもらわんと…。」

    「…⁉………」

  「なぁ…今、ちょっと面白そうやなぁ… と、思うたんとちゃうか…?」

  「思うてへん! ……違うわ、アホっ!」

「俺かて、お前の事は…色々と判るんやで…『今日だけでええから…いや、それも困る…』って、言うたとこで…ちょっと、ウケとったやろ……こらえた時に…鼻ふくらんどったど…?」

 「…クソ~っ! そんなに、おもろい事も無かったのに…なんでやろ…?」

   「なっ、ルール上、笑わしたら勝ちなんやから…ええやろ…?」

   「アホッ! そんなルールあるかいな…。」

    「ここは… 大阪やで~~。」

  「……⁉……」 「…アカンアカン…なに言うてるんや…。」

  「今かて、一瞬……なぁ、最初の質問だけでも…聞いてくれへんか……?」

   「…最初の…質問…?」 「質問やったんか…?」

    「せやで…。」

  「…いや、絶対に内容は、【アレ】のはずや…。」 「…そんなに言いたいんか……?」

    「うん!」

   「一応聞いたろか…?」

    「うん、うん!」

   「言うてみ…。」

   「漫才のコンビ名…何にする…?」

 「…頭、クラクラしてきたわ…予想では、『おい夕子、コンビ名、考えて来たったど。』…これしか無いと思うてたんや…。」      「けど、マサの事やから…ど~せ五つぐらい考えて来たんやろ……夜も寝やんと…?」

   「お・お・当たり……。」

  「ほんで、それが言いとうてしょうが無いんやな…?」

   「お・お・当たり……。」

  「たまらんなぁ~~ その為に、うちに遊びに来たいんか…?」

   「お・お・当……」

    「もう、ええ!」

    「……たり…。」

 「あんなぁ、面白いのはええんやけど…あんたの場合は…。」                                          「本気やったりしたら厭なんや……あくまでも、盛り上がりと乗りとでの話やで…判ってるやろなぁ…?」

   「わかってるって…大阪に生まれた運命やと諦めんとしゃ~ないやろ…?」

 「言うとくで…第一に、五百万歩譲ったとして…漫才はあっても、夫婦は無い。」                               「第二に、オリンピックは頑張った結果や…アカン時は仕方が無い…けど、真剣に柔道やって、警察官を目指す……。」        「一旦そう決めたんやから… くじけたりしたら、夫婦どころか…友達でも無くなるからな…覚えときや…。」

   「…覚えとく… 五百万歩か…。」

    「それは漫才の場合や…。」

    「夫婦の場合…は…?」

     「…譲りようが無い。」

     「なんで……?」

     「ゼロやからや!」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント