FC2ブログ

夕子、西成区、花園町在住。 第50話   (菊人形なんか・・・遠足 後編)

 「菊人形なんかなんにもおもろないなぁ・・・夕子、お前かてそうやろ?」

「マサ、あんたと一緒にしいなや・・・と言いたいとこやけど、ほんまにおもろなかったわ・・・あんなもん菊のかたまりにマネキンの首付いてるだけや。」

「えっ、夕子ちゃん・・・私らは綺麗やと思うたけど・・・な、まゆみちゃん?」

「うん、うちも、初めて見たし、よかったわ~あんなん作る人もすごいと思わへん?」

「そら、作った人はすごいと思うけど・・・」

「今日は邪魔してゴメンやで。せやけど、お前らも夕子とはちっこい時から付き合うてるくせに、夕子の事、解かってへんなぁ・・・夕子があんなもん好きな訳無いやないか・・・この辺にしとかんと怖いから、弁当にしょうか。」

「・・・そのタイミングでやめられたら、怒るに怒られへんやんか・・・それよりマサ、歯はまだ痛いんやろ…弁当食べられるんか?」

「そうやてなぁ、やんちゃもんの藤川君も虫歯と夕子ちゃんには勝たれへんみたいやね・・・無理も無いけど。」

「ほんまや、歯が痛いのはたまらんわ・・・昌幸ちゃん可哀そうに・・・」

「そんな風に言われたら、恥ずかしいんやけど、夜も寝られへんかったからなぁ・・・」

「そんな事より・・・マサ、あんた弁当は?」

「・・・これや。」

「水筒やんか・・・やっぱり痛とうて食べられへんからお茶だけ飲むつもりなんか?」

「二つ在るやろ・・・一つはお茶、もう一つはお粥や・・・」

「・・・おかずは・・・?」

「なし・・・」

「かわいそ~」

「かわいそ~」

「かわいそ~」

「・・・3人に同時に言われたら、ほんまに悲しゅうなってくるやないか・・・」

「とにかく、帰ったらすぐに歯医者に行くんやで・・・あんたの大嫌いな。」

「気を紛らすためにここにおるのに、お前…矢印のシッポにトゲまで生えて来たようやな・・・」

「・・・・・」

「あっ、まゆみちゃん…何でもないから、恵子ちゃんも気にせんといて・・・」

「・・・歯医者には絶対に行っとかんとあかんで・・・私も大嫌いやけど・・・」

「好きな人なんかいてへんわ・・・絶対に嫌いや・・・」

「私もや・・・あの音、思い出すだけで・・・ああっ、もうあかんわ・・・けど、矢印のシッポって・・・・・・ なに・・・?」


 「…お前ら3人の共通点や・・・・・」
 

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR