FC2ブログ

夕子、西成区、花園町在住。 第48話  (先生、この頃・・・琴美さん・・・)

 「先生、この頃食事にも、いっさい付き合うてくれへんやんか。ちょっと冷たいんとちゃう?」

「いや~、忙しいのも在るけど、タイミングも合わへんかったんや。それに求婚されてた件も片付いた事やし、商売柄・・・特定の男と、あんまりうろついたりせん方がええやないか。」

「あのね、先生・・・この辺りで、先生が洋子の女将の亭主やと知らん人なんか居てへんやんか。別居中やって云うのも、ごく一部の人しか知らん事やろしね。」

「それはそうかも知れんけど・・・」

「はっきり言うたらどうです?。奥さんに早よ帰って欲しいんでっしゃろ?・・・そのためには私らは邪魔ものですもんね。」

「いやっ・・・そうや、帰っては欲しいと思うてるんやけど。これはこれで、そううまい事にはいかへんのや。」

「・・・私の旦那やって言う話が女将さんの耳に入ったんは、別居してからでした。・・・でも、求婚してくれた中井さんとっては、そんな事、知らん話です。知らん話やから・・・まさか目の前の女将がほんまの奥さんやとは思いませんわなぁ・・・でも、それを聞いた女将さんには、すぐに先生の事やと判ったはずやと思いませんか?」

「・・・と、思います・・・」

「それを、顔色一つ変えんと、知らんふりをしてくれたお陰で、断る事が出来ましたんや。これが、どう云う事か、私には判ってます。」

「・・・・・」

「おそらく、奥さんは私個人の事なんか、何とも思うてはりませんわ。要するに、仕事や言うて、浮気してるんや無いかと誤解してはるんや・・・ねぇ、それって、マッサージをやめんとアカンって事なんですやろ?」

「・・・指圧自体は商売ですんで・・・あれを・・・やめてもよろしいやろか・・・?」

「いやや、あかん・・・」「この頃、減ってるとは思うてましたけど、減らしてはったんやね。実を言うと、それも、気が付いて無かった訳でもありませんわ。なんや、春駒姉さんの様子もおかしいとは感じてましたんや。」

「実はそうですねん。電話での予約制にして、ちょっとずつ断る回数を増やしてましたんですわ。」

「やっぱり・・・そうでしたんやね。当然、春駒姉さんは承知してはる話やろうけど・・・姉さん、なんも言うてくれんと・・・おかしいとは思うてましたんや。」

「すんません・・・姉さんに、一人ひとり、俺の口から伝えんとあかんと言われとったんですわ。」

「・・・それで、人によってマチマチですのやね。春駒の姉さん達は、指圧のためだけに通ってはるって事ですか・・・ねぇ、残ってるんは、私だけや無いやろね?」

「・・・はぁ、それは違います。」

「あと、どのくらいかまへんの?」

「えっ・・・?」

「あと、どれくらい続けてくれはるの?」

「いや、別にいつまでとは・・・」

「ほんなら、もう少し・・・気持ちを整えときますから・・・あと、少し・・・ね。」

「・・・はい。」「・・・始めましょうか?」

「特別サービスして下さいね・・・」

「いや、それは・・・」

「先生、勘違いせんといて。いつも以上の事をねだるつもりはありません・・・ただ・・・今日は・・・服を脱がせるところから・・・自分で脱ぐのは寂しいから・・・ね、おねがい・・・」


「・・・琴美さん・・・」



「・・・・・・」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR