FC2ブログ

夕子、西成区、花園町在住。 第42話        (居酒屋「洋子」 前編)

 「ごちそうさま。お母ちゃん美味しかったわ。けど、今日も急な話で迷惑かけたんとちゃうのん?」

「いえ、今日はお婆ちゃんから連絡もらってましたから、電話って便利ですなぁ。」

「そうか、うちは昨日まで聞いて無かったから・・・お母ちゃんは聞いてたんや。」

「私も夕子とそうは違いませんで。だいたい婦人会の集まりは前もって予定してた事やと思いますけど、お通夜と重なったんは急な話に決まってますがな・・・それより、お父さんは晩御飯、どないするつもりやろか。」

「飲み友達と松喜寿司やろ。」

「お母ちゃんやお父さんは付き合いの無い人ですけど、松喜寿司さんはお通夜に行くはずやと思いますねん。まあ、終わったらお店を開けるのかも知れませんけど。」

「そうなんや。飲みに行く処はなんぼでも在るけど、食べるとこはなぁ、昼と夜では町が変るから・・・麺類だけは避けるはずやし。」

「そうですなぁ、晩御飯にお好み焼やホルモンって云うのも、何かもう一つやしね。でもまぁ、どないでもなりますやろ。」

「ママ~、ちょっと早いけどかまへんか?」

「あっ、森川のおっちゃんや、いらっしゃい。お母ちゃん、ちょっと手伝うていくわ。帰っても誰も居て無いし。」

「おや若女将、どないしたんや、今日はまだ火曜日やで。」

「お婆ちゃんが出かけてるから、ここで晩御飯やってん。おっちゃん今日は一人なん?」

「すぐに山ちゃんが来よる。そこでタバコ買うてるわ・・・せやから先ずは、ビール二本と土手焼き二つや。」

「まいど~、あれ、今日は土曜日やったかな?・・・はい森川さん、これで良かったはずやね・・・。」

「えっ、これ、ロンピ・・・おう、すまんなぁ・・・ええのんか。」

「なに言うてますのん、ついでですやんか。はい、はい、まずは一杯・・・ん、若女将、有難う、・・・はい、お疲れ様・・・ふ~っ、うまい!」

「うん。ほんまに旨い。最初の一杯は季節に関わらず、やっぱりビールやな。」

「…そうは言うても、ちかごろは朝晩が冷え込む季節になって来ましたやんか・・・森川さん、そろそろ二杯目からはお湯割りなんかどうです?」

「いや~まだまだ・・・せやな・・・うん、ママ、二杯目はお湯割りにするわ。」

「いつも通りのロク・ヨンでよろしいね。」

「うん、きもち薄めで。」

「森川のおっちゃんは日本酒は冷で飲むのに焼酎はお湯で割るんやなぁ。」

「さすが若女将や、客の好みを覚えてるやないか。」

「うちの記憶に在るおっちゃんは、とにかくここで飲んでるおっちゃんやから、知らんあいだに覚えてしもうたわ。シイタケと納豆が嫌いなんも知ってるで。」

「えっ、森川さん、納豆あきませんの?」

「あんなもん、人間の食うもんやあらへん。なにが悲しゅうて・・・だいいち、糸、引いとるやないか、糸・・・山ちゃん、お前、食えるんか?」

「旨い、安い、健康的…完璧な食いもんですやん。」

「安うて健康的なんはそうかも知れんけど、俺は騙されへんど、絶対に食わん。」

「ちょ、ちょっと、それやったら食べず嫌いですやんか。あんな旨いもん食べんと損でっせ…ねっ、ママ。」

「ええ、まぁ、私も夕子も好きなんですけど、実はサブちゃんが森川さんと同じ事・・・『人間の食うもんや無い。』とか言うて、あきませんねん。」

「せやろ。サブちゃんとは昔から気が合うんや。誰が何と言おうと絶対食べへん。だいたい、死んだ嫁はんの遺言で、納豆だけは食べたらあかんと言われてるんや。」

「奥さんは…生きてはります!」

「・・・せやったかな?」

「もう、怒られますよ、知りませんで。」

「実はそろそろ来る頃やと思うわ。今日は俺らが早かっただけで、いつものように待ち合わせしてたんや・・さっきの事は内緒やで。」

「面白い人やとは思うてたけど、おっちゃん、ほんまにおもろいわ。けど・・・うち、内緒にしとくように頑張ってはみるけど、おばちゃんの顔を見て、口が裂けてしもうた時はゴメンやで。」

「口が裂けたらあかんがな。裂けても言わんといてや、たのむで若女将。」

「あっはは、夕子もみんな、ほんまにおもろい・・・ええのりですわ、ヘタな漫才より、面白いかも知れませんで・・・」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR