FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第38・39話    (もしもし青田整骨院…)

    「もしもし、青田整骨………」

 「あっ、サブちゃん、春駒です。 あした、私と紫ちゃんとお願いできますやろか…?」

 「…え~っと、いや、 …あしたは、午前中から…お年寄りの予約が続いてて悪いんやけど……」

  「なんやのん、またそんな事言うて…午前中は優先してって…先生言うてたやんか…。」                            「…もう、10日以上も空いてますのに……。」

   「いや~、ほんま、すいません…。」

  「ほんなら、いつやったらよろしいの…?」

    「…はい…今週はもう………」

  「…え~っ…… 忙しいて、疲れがほんまに溜まってますのに…。」

 「あっ、それやったら、…朝は予約が入ってますけど、明日の昼からやったらどうです…?」

  「えっ…昼からでもええんですか…?」

 「いや、だから……普通の指圧…だけになりますけども……それでよければ……。」

 「えっ…そう云う事ですか……まぁ、仕方ないですわ。 昼からやと、2時か…2時半でお願い出来ますか…?」

   「はい、2時からやったら、ふたり続けてで構いませんけど…。」

  「紫ちゃんは残念がると思うけど、とりあえず、それでお願いしときますわ。」

 「はい、判りました。 ほな、あした…お待ちしてます。」  (…やれやれ………)


  「春駒姐さん、確かに疲れがたまってるようですけど…相変わらず忙しいんですなぁ…。」
 「無茶苦茶ですわ…それでも私なんかより、そこの紫ちゃんや琴美ちゃんの方が…もっと忙しいとは思いますけど…」       「あっ…そこは、ちょっときついですわ…弱くして……ふぅ~…なぁ先生、私でもまだまだ女盛りやと…自分では思てますけど…紫ちゃんや琴美ちゃんのような若い子には…出来る事なら普通の恋愛して、普通の男さんと所帯を持って欲しいと思いませか…?」

  「もちろん、思いますわ…… 春駒姐さんかて、まだまだ…捨てたもんや無いですやんか。」

 「アホっ…。 解かってるくせに…出来る事ならですわ。」 「……出来へんから…言うてますねん…。」

     「…はぁ……」

 「疲れた体はこうやって指圧も出来ますけど、ボロボロの気持ちには何の手立てもありませんのや…。」                「せやから…私らのような人間には、先生のような人が必要ですねん。」 「誰にでも頼める事や在りませんやろ…?」        「何回か指圧に通ううちに、先生…ええ男やよってに…こんな男さんに、と思うたのが最初やった…こうやって先生の手を…」

   「あっ、春ちゃんそこは……」

 「ふっ、その時もそう言わはった…けど商売としてお願いしたら…お金が欲しかったんや無い事は解かってます…。」        「でも、それ以上の事はなんにも聞かんと…お願いに答えてくれましたやろ…嬉しかった…。」

  「…春駒姐さん、俺は、あくまで仕事と割り切って…役に立てるのやったらと思うて…。」

   「そう云う人や、先生は……。」                                                           「それで、今は先生ですけど、警官やった頃のサブちゃんは知ってる子も多いし…男前やったのも覚えてるから、仲の良い子の中で、同じような思いを持ってる子を誘って…連れて来るようになりましたんや……。」                               「……あっという間に…口コミで広まってしまいましたど……。」

   「…姐さんには感謝してます。」

  「嘘をついたらあきません…奥さんが出て行ったんも…これが原因に決まってますやんか…。」

    「…そ…それは………」

  「子供さんかて、女の子やしなぁ…実は申し訳ないとは思ってました。」                                   「…思ってましたけど…私らには、唯一とも言いませんけど…楽しみでもあり、心の支えでも在ったもんやさかいなぁ…せやけど、今日で良く判りました。 だいたい私には、これからは電話で予約制にすると聞いた時から…奥さんや娘さんを考えての事やと…薄々気が付いてましたんや。」

    「……はぁ、有難うございます。」

  「もう……ここでお礼は…可笑しいですやろ…。」

    「はぁ、…すんません。」

 「もう、謝る事もありませんがな。」 「これからは、私は…残念ですけどよろしいわ、普通の客に戻ります。」              「私から始めた責任も感じてますしなぁ。 だから新しい人も誘いません。 せやけど、この後の紫ちゃんにも…その他の人にも、急には無理でも、自分でなんとかして下さいね。 多かれ少なかれ、みんな先生に惚れてますのやから…特に琴美ちゃんはそこそこ本気やと思います。 身寄りの無い子やし、徐々に…旨い事、考えて挙げてくださいね。 もちろん、奥さんには早く帰って来て欲しいとは願ってますけど……。」

   「…はい、気をつけてやらせてます…時間は、かかるかも知れませんけど……。」

    「それに…タイミングも悪かったんやね……。」

「はぁ、カミさんに出ていかれて…何とかせんとマズイと思うてた時と、亭主のふりをして欲しいと頼まれたんが重なって…」           「タイミングが良かったのか、悪すぎたのか…また、その琴美さんに惚れ込んだ旦那さんが…カミさんの店のお客さんで…。」

 「女将さんの耳にも入ってしもたんやね…それでは、奥さんかて…帰るどころか、悩みの種が増えたようなものですやん。」

 「とにかく、琴美ちゃんの方の話が先決やって事に…カミさんには後で謝ったら済むやろうと…その時は思いましてん。」

   「ところが、そうはいきませんわなぁ……。」

 「…それがなんと…カミさんんにはお見通しやったみたいで…話を聞いただけで、俺の対応が読めたらしいですわ。」

    「それやったらなんで……しかし、どっちにしても…賢い奥さんですなぁ…。」

  「そうですねん。 せやから、琴美さんの事については、あんまり怒られてません。」                           「けど、元々のコレ…マッサージが誤解されてるのと…これからの琴美ちゃんへの…対応が問題やと思うてるんですわ。」

 「それやったら心配なんかいりませんで…琴美ちゃんかて、本気で先生と…所帯が持てると思うてる訳が無いのやから。」     「でもまぁ……淡い期待ぐらいは…在ったかも知れませんけど……。」                                      「後は奥さんに、何にも無かったと…ほんまの事を…信じてもらうだけの事ですやんか…。」

    「それが、なかなか…難しいんですわ…。」                                                  「それと、琴美ちゃん…本気でカミさんと別れて、一緒になれると思い込んでるような感じが……。」                     「…出て行ったんも、カミさんの方からやったし………。」

「それこそ琴美ちゃんの淡い期待の現れですわ。 私の口から言うのはおかしいですけど、決して本気や在りません。」       「タイミングが良過ぎて、自分のために奥さんが出て行ったと思いたい気持ちは…解かりますやろ…?」                 「なによりも、あれこれ聞きもせんと、頼みを聞いてくれる先生が気持ちの支えになって…嬉しかっただけの事ですわ。」       「私もそうやけど、これだけの苦労をしてきた人間には、誰が味方で、誰が敵なのかが直感で判りますねん。」                「それと期待とが…重なった結果が… これやと思ってやって下さい。]

   「そんなもんですか……。」

 「はい。 …私ら、法律が変わって自由に成りましたんや…だから、世間の中には、好きでこの仕事を選んだと思ってる人もいてますやろ…でも、一度こんな仕事に身を沈めると…誰かの助けが無いと、自分一人では抜け出せません…。」               「私やったら、琴美ちゃんの話…断ったりして無いかも知れません……。」                                  「琴美ちゃんの場合は、自分に嘘をついてまで…って、考えて……先生に思いを重ねたんやないですか…。」

     「そんなもんですか……。」

     「そんなもんです…。」


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント