FC2ブログ

夕子、西成区、花園町在住。 第37話          (マサの目標・・・)

 「なぁ、おとうちゃん。マサの奴あれ以来、お父ちゃんに惚れ込んでしもうて、柔道でオリンピックを目指す事にしたそうやわ。」

「体操選手はどないしたんや?」

「せやねん、あいつ何でも思い込みが激しいからなぁ、それも去年のオリンピック見て、憧れよってんけど、実際なにやっても上手いんやで、器械体操も鉄棒も、うちにも出来へんバク転かて出来よるねん。せやから、お父ちゃんには憧れたとしても、目指すんは体操選手でええやんって言うたんやけど。」

「けど・・・?」

「なんや、言葉一つ一つに重みを感じたとか言うて・・・それにお父ちゃんの持ってる雰囲気が気に入ったらしいんやけど、それは柔道を通じて見に着いたんやないかと、マサには感じられるんやて。」

「嬉しいような、ちょっと、こそばい気もするくらいやけど、それは実際にそうかもしれん。柔道と云う格闘技でありながら・・・なんて言うか、上手くは言えんのやけどな、本気でやればやるほど、独特の世界観が開けてくるんや。」

「今のうちには、ちょっと難しいわ。それでな、柔道選手になって、そのあと警察官になるって云う最終目標が出来たらしいわ。」

「ほんで、警察辞めたら骨接ぎ屋か?。」

「それは判らんわ・・・けど、それでセイカンなんとかを始めたりしたら、あいつとは一生、口きかへん。」

「・・・ありがとう、俺とは口きいてくれて。、なぁ話しを変えよか・・・」

「なんで、警察官なんやろ・・・お父ちゃんはもう、警察辞めてるのに。」

「男の子が憧れる職業のひとつなんや。特に、柔道やってる子には、なおさらやろ。お父ちゃんもそうやった。」

「ふ~ん、そうか、女の子のバスガイドとかスチュワーデスと一緒なんや。」

「そうかもな、夕子もそうなんか?」

「ちょっとだけ・・・いや、あんまり興味ないわ。」

「うん、夕子にはちょっとイメージが違うように思うなぁ。どうや、やっぱり居酒屋の女将か?」

「そんなん、分からへん。せやけど向いてるとは思うで。・・・なぁ、お父ちゃんはなんで警察官を辞めたん?」

「・・・・・」

「いつか聞きたいとは思うてたんや。お母ちゃんに聞いても知らんって言うし・・・なぁ、ほんまにお母ちゃんにも言うてないの?」

「ほんまや。」「・・・2,3秒は目をパチクリさせてたけど、『ああ、そうですか・・』ってな、ただ、それだけやった。なんにも聞かへんかった・・・俺にとって最高の優しさやった事は確かや。」

「聞かれたら・・・どうしてたん?」

「・・・でも、聞かれへんかった・・・それだけや。」「バスガイドでも女将でもええけど、夕子も出来る事なら、そんな女に成って欲しいと、お父ちゃんは思うてる・・・」

「なんにも聞かんと、黙ってられるかどうかは判らんけど、意味は何となく理解出来たと思う。・・・それから、この話はここまでやって事なんやろ?」

「夕子は察しがええから、助かるわ。いつか言う時が来るかもしれんけど、その時は、夕子からではなくて、やっぱり洋子からで無いとあかんと思うてる。」

「それは絶対そうやと思うわ・・・うん、わかった。お父ちゃん、もう十分や。」「最後にこれだけは教えて。警察が厭で辞めたんとは違うんやろ?」

「・・・難しい質問やなぁ。・・・警察官と云う仕事には誇りを持ってたし、それはいまでも全く変わりない。どんな世界でもそうやけど、色々な人が居て、色々な事が起きる。俺は、信念を曲げてまで、自分に嘘をつくようなマネは出来なかったと言う事や。・・・これでどうや、勘弁してくれるか?」

「うん。なぁ、マサが警察官を目指すんは間違うてる訳やないやろ?。」

「当たり前や。」「最初からそう云う質問やったら簡単やったのに。マサに頑張るように言うたってくれ。警察官は遣り甲斐のある、りっぱな仕事やと。」

「わかった、思ってた通りの答えやった。けど、それを聞けて良かったわ。」

「夕子、お前自身がほんまに、ええ奴っちゃなぁ。マサの事も真面目に心配してやってるのが伝わってくるで。」

「勘違いだけはしたらあかんで。あいつ、アホ過ぎて放っとかれへんだけや。」

「ほいほい、そう云う事にしときましょ。」

「お父ちゃん、なんか引っ掛かる言い方するやんか、どう云うつもりかしらんけど。」

「いや、なんて言うか・・・大人になって制服姿を見たらやな、かっこ良さにほれ込むとか・・・」

「無い!」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR