FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第35・36話     (夕子、悪行の数々…)

 「夏休みに続いて…運動会まで終わってしもうたからな…次は冬休みと正月へまっしぐらや。」                    「俺は…どんな障害にも負けへんで…。」

   「アホ、どんな障害が在るって言うねん…。」

 「昔から、『もう、いくつ寝ると』…って言う言葉が在るやないか…本当の意味が解るか…?」                        「ええか…嬉しい事はやって来るまでには、ワクワクしながら…時間もかかるだけやのうて…幾多の困難を乗り越えんとあかんと云う意味なんや…と…俺は理解してるんや…。」

   「…マサの言う事、最近、無理が目立ち過ぎやで。」

  「…少なくとも、俺はそう解釈してるんや。 なっ、暇やと時間がたたへんやろ……。」

 「ようするに、暇で退屈してるって事や……実は…うちなぁ……退屈したら、猫の髭切りを思い出すねん…あんなおもろい遊び、ほかには在りえへんもんなぁ…もう…長いこと、して無いけど…。」

 「お前あの頃…【悪魔のきんちゃく袋】…いつも持ち歩いとったもんな…近所の猫、夕子を見たら逃げ出しとったやないか…。」  「もう、この界隈では…髭のある猫が居て無いようになったから やめたんやろ…?」

    「アホ、違うわ~!」                                                               「猫って、髭が在るから、狭いとこでも通れるか通られへんかが判るんやって…おばあちゃんが教えてくれたからや。」         「猫って…… 髭が無いと、不安になって… ごっつい困るらしいわ……。」

  「お前って…かわいそうな事、俺以外にも…いたる処でしとってんなぁ…。」

 「言わんといて。 それに気が付いたからやめたんや…。」                                            「もう二度とせえへん…けど、あんなおもろい遊びは、ほかに無いのも事実や…」                               「きんちゃく袋から頭を出した瞬間……このタイミングが命やねん。 …紐をキュッと絞めるやろ、あとは………。」

 「手も足も出えへん猫の髭を切るわけやろ? せやから、悪魔でも思いつけへんような事やと言うんや…。」              「お前……ほんまは、矢印型のしっぽ、生えてるんとちゃうんか…?」

  「生えてへん! ……けど、矢印型のしっぽはおもろいわ…マサにしたら久々のヒットや。」

   「せめて、ツーベースにしてくれへんか…?」

   「マサ、ど~したん? …今日、絶好調やん。」

    「へっへ~、調子に乗ってるやろ…?」

 「調子に乗ったらあかんやろ、アホっ!…乗るんやったら波に乗らんかい!」                                 「だいたい誰のせいで、幼稚園辞めさせられたと思うてるねん…。」

 「えっ、それは…なんというか…俺も悪いとは思うけど、自業自得というか…普段からのやなぁ…その~…おこないが…」

  「あのなぁ、普段からヤンチャやったんは認めるけど…最終的な実行犯はマサ、あんたなんやで…。」                「マサが幼稚園の池の鯉を捕まえて、あさみ先生にプレゼントしたいけど…『手掴みでは、ど~~しても無理やねん。』…と言いながら、ずぶ濡れになって来るもんやから…うちは、『それやったら…池の栓を抜いたらええやん。』…って、言うただけやんか。」

 「…池の栓を抜くなんて、お前には思いつかんやろ…誰に教えてもろたんや…?…って聞かれたから…『はい、夕子ちゃんです…。』…と、素直に答えただけやん。 それに、あんな怖いあさみ先生…初めて見たし………。」

 「アホっ! 実行犯はマサやのに…完全に協同犯にされてしもうたやんか。 せやのに、園長先生まで家に来てやなぁ『もう来させないで下さい。』…って、やなぁ、 …なんで、うちだけやねん? …二人一緒やったらまだ解かるけど……。」

 「そこが、俺と夕子の普段からのおこないの違いや。 外でボール遊びやって、一旦根性に火が付いたら、誰がど~言うたって中へは入らへんし、歌も好きな歌しか歌わへん…ウサギ小屋に爆竹は放り込む…そこら中にビー玉の穴掘るから、みんな、つまずいて怪我はするし…言いだしたらきりが無いやんか。 それにやで、持って来たらあかんって言われてるベーゴマ詰め込んで…何回もポケットに穴を空けるような奴、男でも珍しいやないか…… まぁ、あんだけ膨らんでたら、そら見つかるわなぁ~しょっちゅう怒られてたやないか…ふ~っ、息すんの忘れとった…。」

   「あんた、次から次へと……しょうもない事、よう覚えてるなぁ…。」

  「そんなん、まだまだ在るで、だいたい最後の池だけでも色々あるやないか…。」                             「寒い日に…『池に氷が張りましたけど、絶対に乗ったらいけません。』…って先生が言うた5分後にはハマってたやないか…。」

  「あっ、あれはアカン。 あんな事言うたら、『乗りなさい』…って、うちには聞こえてしまうんや…。」

 「…まぁ、あれは俺にもそう聞こえたわ。 お前が早すぎただけで、十分後には俺がハマってたと思うけど…。」            「…ちがう、ちがう…なによりも、お前…いろんなモン捕まえてきては、池に放してたやろ…カメ、カエル、この辺まではまだ良かったんやけど、ザリガニや、ザリガニ…『大漁や~!』…言うて、百匹以上は放り込んだやろ…3日で腐って…幼稚園どころか、近所一帯…臭かったやないか。」

 「…あぁ…あれか~~あれなぁ…いつもやったら、どっちかは味方になってくれるはずやのに、あの時はだけは…さすがにお父ちゃん、お母ちゃん両方か無茶苦茶に怒られたわ…たぶん、今までで一番やった…と思う…。」

   「その後、全滅した池を綺麗にして、鯉まで飼うてたのに…あれをやってしもうたんや…。」

 「うちかて、池には懲りてるから、手伝う気は無かったんやで…せやけど、ずぶ濡れのマサ見てたら…ふと思いついてしもうたんやけど、あんたも素直に実行せんでもええのに…。」

   「素直なんが俺のトリエやから…夕子の名前まで、素直に言うてしまったんや。」

  「…そうか…もうええ。  解かったわ。 考えてみたら…うち、結構ひどい事してたんやなぁ…。」

 「そんな謙遜せんでも、結構どころか…ごっついひどい事いっぱいやって来てる……俺が証人や、心配いらん。」

 「なにが謙遜やねん。 なにが心配いらんねん……。」                                               「…いつか、マサがおる事自体、うちの心配そのものに成りそうな気がするわ…。」

   「その時は、俺が嫁はんにもろたる。 …それも心配いらん。」

 「今のうちに、将来の不安を取り除いておくって事も…大切やと思わへんか…?」

「…そ、そろそろ…ひどい事をする事自体、やめるべきではないかと…僕は思うんですけど…。」

 「アホっ…こんな話をしてたタイミングでそんな風に言われたら…まぁ、今日のところは、そう云う事にしといたるわ。」

  「よかった~。 やっと、いままでの悪行の数々を悔いて…真人間に生まれ変わる時が来たようやな。」

 「…もう、怒る気にもならんけど、ええかげんにしときや。 だいたい、本気でビビってるんでも無いくせに、ちょくちょくビビってるような事言うのもや めといて…… 人が聞いたら…本気にするやんか…。」

 「半分以上は本気やで。  喧嘩も、夕子とは6回やって5敗1分け…1分けの後…謝ってるのに、一方的なボコボコがプラス1回なんや…… 結果…7回のうち1回も勝ってないんや……。」

   「アホな事言いな…… それに、一方的なボコボコってなんやねん…。」

 「覚えてるか…?…何回やっても負けてるんやけど、1回だけ引き分けが在るんや。」 「ただ、あの時…あの蠅たたきが無かったら、やっぱり負けてたんやと思う…それを卑怯モンとか言うて、謝ってるのに…後でボコボコにしたやないか。」

 「あんた、しょうもない事は、ほんまによう覚えてるなぁ~ うちも思い出したわ… あれはほんまに痛かったんや…。」
「マサの前では泣けへんかったけど、家に帰って鏡みたら…うちのほっぺた…網目になってたんやで。」

 「それは悪かったと思うてる… けど次の日、おんなじ目にあわせたる言うて……お前の網目は2日で消えたけど、俺は左右両方…3日間消えへんかったやないか。」

   「…それも思い出した、ゴメン…けど、ほんまによう覚えてるなぁ……」                                     「それだけ痛かったって事やんか…マサ、ほんまにゴメンやで。」

 「実は、いまでもその蠅たたきを残してあるんや…。」                                                「その蠅たたきを見る度に、俺の両ほほが…『痛い痛い…』…と、うめき声を…夕子、お前はほんまに罪な女や……。」             「どうせ、嫁には行かれへんやろうから…俺が………。」

   「アホっ! …それを、調子に乗ってるって言うんや!」

    「…な…波に乗りたいです…。」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント