FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第30話        (運動会当日 前編)

  「ハッハッハッ~天気まで俺の味方や…太陽とゴールテープと映画までもが…この地域一帯の猫と共に…俺に手招きしとる。」「きょうは家族の期待と、すべての猫と…そして、なによりも自分の目的のために全力で頑張るんや。」

      「……………」

  「なぁ、夕子。 一言でもなんか言うてくれんと…寂しいやんか…特別にええ一言を期待してる分けでもないんやから…」

  「…いや、文句の付けようが無かっただけや。」                                                「じゅうぶん意気込みも伝わってきたし…将来、スポーツ以外にも道は在るかも知れんと思うてたところや…ただ、あんまり、あほらし過ぎて…それに、それになぁ…サンダ対ガイラはおとといの金曜で終わったはずやで。」

 「…う…うそっ…も、もしも…もしもの話やけど…それがホンマの話やったら、運動会終わるまで教えて欲しなかったわ…。」    「なぁ…夕子、嘘でもええから……嘘やって言うてくれ。」

      「…嘘や。」

  「…あかん、ほんまの話や~~~~」

    「ややこしい奴っちゃなぁ…。」

  「…いや夕子、ありがとう。 前もって判って良かったんや。 新たな目標を見つけたらええねん…。」                 「…そうや…たしか鶴見橋でガメラの新作をやってるはずや。」

 「バク転以外にも、 いや、それ以上やな。 立ち直りの早さ…こっちは死ぬまで真似できんと思うで…さすがマサやわ。」


  「夕子、速かったな~~。 勝つのは判ってたけど、ぶっちぎり方に磨きがかかってきたやないか。」                 「よしよし…昼からはリレーや、個人戦とは違うけど夕子やったら楽勝や。 さぁ、しっかり食べて昼からに備えるんや。」

  「あんた、騒ぎ過ぎです。 ゆうべ言いましたやろ、主役は夕子であんたや無いって。」

   「お母ちゃんの予想的中…お父ちゃん、夕べ…お店に行ったんやな…。」

   「こう云う事には、期待を裏切らへんのが…お父ちゃんです。」

    「どんな事でも、俺は期待に答えてるつもりやで。」

 「女の人のお願いにはそうかも知れませんなぁ…お父さん優しいから……さぁ、お腹一杯食べなさいや……」            「あれ…?…あんた、どうしたんや、喉に詰まったんか…? 顔、真っ赤にして…そんなに咽てからに……」

   「なんやお母ちゃんて、時々底の深い迫力を感じる時がある…今も、そうやった。」

     「うっ、うっ…うん…うん……」

     「はい…お父ちゃん、お茶。」

    「……ふ~、 …死ぬかと思うた。」

  「何を大げさな事、言うてますねん。 はい、残さんと食べてや。」

  「じゅうぶん食べてるで、昼からの事考えたら、あんまり食べ過ぎてもあかんねん。」

 「おう、そうやなぁ。 夕子はどないしても負けへんとは思うけど、残りはお父ちゃん、頑張ったるわ。」                  「それより、昌幸のやつ大丈夫やったんか…? 人間ピラミッドで崩れた後、保健室に運ばれとったど。」

 「ちょっと頭、打っただけやろ。 頭良うなってええんちゃうか…今より悪うなる心配は無いし…なにより、今日一日にかけるマサの本気度は全開や…ちょっとぐらい怪我しとっても、絶対に勝ちよる。 一年を運動会のために生きてるような奴やねんから。」

  「お父ちゃんには解かるで、そう云う奴に悪い奴はいてへん。 根性も在って男らしい…けど、人には優しいって奴なんや。」

  「夕子がもう一人知ってる言うてた二人が揃いましたんやなぁ…けど、やっぱり心配…気になりますわ…。」            「夕子かて心配なはずや…藤川君の様子、ちょっと見て来てあげなさい。」

    「…うん。 …せやな…絶対、大丈夫や思うけど…。」

  「なぁ、サブちゃん…誰にでも優しいのも考えもんでっせ。」

   「…俺、この一件が片付くまでに胃を壊しそうやわ。」

 「そんな冗談言えてるうちは、まだまだ大丈夫ですわ。 …せいぜい覚悟しときや。」

    「…う、う……」

         後編へ…
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント