FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第9話    (夕子、新世界へ…前編)

 「ぎょうさんの人が居るけど、なんか前に来た時より、日曜日にしたら、空いてる気がするわ。」

「日曜、祭日は、日雇いのおっちゃんらが休みやから、あちこちで昼間から飲んでるはずなんやけど、この頃は工事が多すぎて間に合わんで、日曜日も祭日も無いらしいんや。」

     「飛田のお姉ちゃん情報か?」

「嫌味な言い方する奴っちゃなぁ…それも在るけど、お父ちゃんも元警察官や、いろんなとこから情報は入ってくる。」

   「ふ~ん。…で、今日はどの店に入るん?」

「うちのお得意さんの辻さんとこや。どうせやったら…なっ、そう思うやろ?」

 「当たり前の話や。…そう思えるんが、うちとお父ちゃんの似てる処やって、お母ちゃんが言うてた話な訳やな…。」   
 「お父ちゃんには何んの話か判らへんやろ…?」

「夕子が俺とおんなじで、誰とでもすぐに友達になれて営業向きや言う話やろ。」

 「へぇ、知ってるんや…」 「お父ちゃん、時々お母ちゃんの店に行ってるらしいなぁ。」

     「………」

「それこそ、なんで知ってるんやって感じやなぁ….。」 「お母ちゃんの方からは来えへんのに、お父ちゃんの方からは行くと云う事は…お父ちゃんはお母ちゃんの事が今でも好きやと云うことやんか。」 「せやのに、お母ちゃんが出ていく原因作ったんもお父ちゃんやねん。…やっぱり、ここが問題なんや……。」 

「夕子、ゴチャゴチャ言うてる間に着いたで、…はよう入り。」

  「なぁ、お父ちゃん…うちの話聞いてた…?」

「…うん…聞いてた…。」 「とりあえずは…さぁ、好きなもん、好きなだけ食べよか……。」

「おっと、いらっしゃい。 …娘さんといっしょかいな、ありがとさん。」

「いえいえ…こちらこそ、いつも有難うございます。」

「おいおい、あらたまってなんやねん。」 「お譲ちゃん、ワシも元警官やったんや…サブよりだいぶ先輩やけどな。」

    「えっ、…そうなんですか…?…」

 「まっ、昔の話や。 …さぁ、なににしはる?」

「サブちゃんはビールやな。 …お譲ちゃんにはバヤリースをおっちゃんが奢ったろ。」

 「あ、…はい、ありがとうございます。」 「…あの~辻のおっちゃんは、どうして警察官辞めたんですか?」

「色々在りすぎて忘れたわ…とにかく、ここら辺は…ほかの地域とは違うてな、ど~言うたらええんか…特別なところなんや…。」  「でも、ここが好きやから、警察辞めてもここで商売してるんや。」 「お父ちゃんかてそうやろ?」

   「…えっ…それは…はい。…判りました。」

「ふふっ、判らんでええ… もしかしたら、そのうち判るかもしれんけどな。」 「さっ、しっかり食べてや~。」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント