FC2ブログ

夕子、西成区花園町在住。 第7話       (夕子とマサ、ごちそうさま)

 「ごちそうさまでした。 やっぱりおばちゃんの料理は最高や~。」

  「遠慮せんでええから、お腹一杯食べなさいよ。」

 「もう、あかん… これ以上は食べられません。」

「うちもや。 もう、お腹一杯や… マサと一緒やから、今日はこれで帰るわ。うちのファンのおっちゃんらに宜しく言うといて。」

 「うん、判った。今日は若女将からや言うて、一品付けとくわ。気ぃ付けて帰りや。」

「すぐそこやから、大丈夫や。 それから、いつも言うてるように、ここら辺で知らん人は居てへんし。」

 「おばちゃん、ほんまにありがとう。美味しかったです。ごちそうさま。」

 「夕子、ありがとうな。また、誘ってや。」 「せやお前、あした、橘って言う奴の誕生日会や言うとったなぁ…。」

 「そうやったんやけど、結局断ってん…。」

      「ふ~ん………。」

   「はよ帰って、お風呂行こ…マサは…?」

 「行くけど、俺はプロレス見てからや… 土曜日は10時まで起きててもええ事になってるねん。」

  「それこそ、ふ~ん、やな。」 「…うちではスパイ大作戦のある月曜日や……った…。」

   「そうか…おやすみ……。」 

 「…おやすみ。 うち、どないかして、お母ちゃんに戻ってきて欲しいねん… 橘君の誕生日会も…なんか、家の中…家庭の雰囲気が羨ましいだけかも知らんわ…」 「せっかく誘ってくれたのに、橘君に悪いことしてしもたわ…」

 「…なぁタコ、電信柱に付いてるデンキってこんなに明るかったか?…横の映画館のポスターまでハッキリ読めるで…ははっ、これだいぶ前のやっちゃ…。」 「…なっ、まぶしいぐらいやろ……顔洗うてから風呂に行くんやで。」

  「うん、あんた、ええ子や。今日はタコって言うたん許しといたる…おやすみ。」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント