FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 第49話


 「なぁ、お父ちゃん、ほんまにお通夜には一人で行くんか?」

「そのつもりやけど…昌幸の事か?」

「うん、マサは行かんでもええのんか?」

「大先輩とは言うても、面識も無いOBなんやから必要無いやろ……現役やったら別かもしれんけどなぁ。」


「そうか、それやったら別の用事なんや。」

「なんや別の用事って? 昌幸がどないかしよったんか?」

「いや…あいつ急に、今晩は帰りが遅いって言いよるもんやからな……」

「なるほど…友達と約束でも在るんやろ。」

「いや違うな……急過ぎたし、ちょっと様子が普段とは違うたんや。」

「どないしたんや? 夕子にしては珍しいやないか…まさか心配でもしてるんか?」

「明日は休みやから当然今日は店に来る予定やったんや。それを昼休みに、わざわざ電話を掛けてくるって…絶対におかしいわ。」


「なんでやねん、急に誘われる事も在るやないか…普段のあいつが『お~い中村くん』過ぎるんや。」

「アホっ。分かるんが厭やけど、茶化さんといて…だいたい新婚と違うやんか。」

「お~歌詞まですぐに浮かぶって事は…お前も中々の懐メロファンやな?」

「せやから、茶化したらアカンって……別にいらん心配をしてるつもりは無いんやけど、あいつの事は何でも分かるんや……絶対になんか在ったはずなんや。」

「…まぁ、お前がそう言うんやったら、間違い無くなにか在ったんかも知れへんけど、無理やり聞き出すような事はやめとけよ。」


「…せやな。分かった…そうするわ。」

「おいおい、マジかいな……ええ話や無い事まで分かってるんか?」

「…うん…なんでやろ? 分かるんや。」「そろそろ準備に出かける時間や…お父ちゃんもお通夜が済んだらお店に来るんやろ?」


「うん、帰って風呂に入ったら行くつもりやで…俺も明日は休みやしな。」

「マサも用が済んだら来よるやろ……」



 「……マサ…お帰り…」

「……いつも通り、唐揚げ大盛りとビールのセットをたのむわ。」

「…遅うなるって言うてた割りには早かったなぁ…もう用事は済んだんか?」

「うん、ちょっとした話が在って集合が掛かっただけやったからな…先生はまだか?」

「お通夜なんは知ってるやろ? 終わったら来るそうや…約束してたんか?」

「いや、約束してる訳とは違う……俺には面識も無い大先輩らしいけど、懐かしい面々が集まるみたいやから、話し込んで先生こそ遅うなるかも知れへんで。」


「偉い人も多いんと違うんか? お父ちゃんの場合は『エライさん』に親しい人は居て無いと思うで。」

「…それもそうやな…まぁ、のんびり待つ事にするわ。」

「……あんた、お父ちゃんになんか話でも在るんか?」

「…分からへん……先生から話が在るかも知れへんし……粕汁くれるか。」

「…うん、粕汁やな…」

「……ふ~っ…ビールもおかわりや。」


「いょ旦那、今日はペースが早いでんなぁ。」

「……心配せんでも3本以上は飲めへん。」

「…し、心配なんかしてへん…」「ノリが悪いやないか…なんか………はい、粕汁におでんの卵と厚揚げを入れといたで。」

「なぁ夕子、なんか在ったんは気付いてるんやろ? 聞くのを辛抱してくれてるんやと思うけど……はっきりしたら言うから、ちょっと待っといてくれ。」

「うん、それはかまへん。けど…うちが心配するような話とは違うんやろな?」

「…違う……どっちか言うたら喜ぶかも知れん話や。」

「……それは……まぁええ。マサがそう言うんやったら期待して待っとくわ。」

「うん、ゴメンなぁ…」



 「おう…昌幸、居てたんか。招集が在ったんやろ? 話は聞いたで。」

「そうやろうと思うて待ってました。」

「前代未聞の出来事や…内緒にせえと言われてるやろ?」

「はい、夕子にも言うてません。」

「あいつは、昼にお前からの電話で…すでに何か在ったと気づいてる。誤魔化さんと正直に言うたった方がええと思うで。」

「…やっぱり、そう思いますか?」

「うん、組織を通じての情報やと言いながら俺らの耳に入ってくる時には……お前には気の毒やけど、決まった事やと思うで。」

「……そうでしょうね…先輩にもそう言う人が多いですわ。」

「せやから話を広める訳にはいかんけど、夕子に話をするくらいは問題ないはずや。」

「完全に決まってからの方がええと云う事はないですか?」

「言いたい事は分かるけど、相手は夕子や…そのまま伝えといた方がええやろ。公表されて騒ぎになるのも時間の問題やと思うで。」

「分かりました…今日は先生と飲んで、夕子には明日の休みに話をしますわ。」

「それがええ。みてみい夕子の奴、わざわざ俺とお前から離れてくれてるんが…お前にも分かってるやろ?」


  「はい…」




 「マサ……二日酔い、大丈夫か?」

「うん、大丈夫や…俺もなんとかビールの限界が4本になりつつあるみたいや。」

「お酒なんか弱いままでええやんか…マサにはええとこが一杯在るんやから……」

「なぁ、人に言われたら困るんやけど、お前には正直に言うとく……日本はモスクワオリンピックの出場を辞退するそうや。」


「…………まさかとは思うてたけど、きのう『喜ぶかも知れん話』と言うたやろ? オリンピックに関わる事かも知れんとは考えたりしてたんや。」


「そうか……さすが夕子やな。」「確定はして無いらしいけど、俺らの耳に入ると云う事は決定やと覚悟しとく必要が在るそうなんや。」

「そうか…お父ちゃんがそう言うたんやろ? 残念ながらこう云う事は当たりよるんや。」

「おそらくな……多くの先輩も同じ事を言いながら慰めてくれたわ。」「せやけど夕子、俺には慰めなんか必要無いで、いままで通り自分に出来る事を頑張るだけの事や。」「お前は助かったと喜ぶつもりか?」


「アホっ、内容は別として…ロクな話や無い事は分かってた。」「これで、やる気を無くすような男やったら、うちの方から願い下げやけど……仕方が無い事やんか。」


「うん、お前がそう言うのは分かってた。せやから言うてる訳や無いんやけど、ここでやる気を無くしたら、お前まで失くしてしまうやろ……神頼みをしても無駄な事は知ってるしな。」


「当たり前やろ……神や仏やって言いかけたらそれこそマサとは終わりや。うちは無神論者と云う事に誇りを持ってるんや。」


「それは俺も、全く一緒や。悟りを開くって事は、御経になんの意味も無いって事に気がつく事やと思うてるくらいやからな。」


「お坊さん以外で、それに気がついたマサは偉いやんか……まぁ、うちとあんた以外の人がどう思うてたとしても、全くど~でもええんやけどな。」


「ほんまにその通りやな…それにお前としかこんな話は出来へんしなぁ。」

「当たり前や。ここだけの話に決まってるやんか……気を付けや。」「…まだ…夢も消えた訳やないんやろ?」


 「…任せとけ…選抜試合にも絶対に勝つ。」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

わかってたけど悲しいなあ

十数年後、「お父ちゃんはな、オリンピックにも出られたかもしれへん男やねんど」と、子供相手に説教している姿が思い浮かびます。

「『かもしれへん』ってなんなん?」とツッコまれている姿も思い浮かんでしまうのがマサくんかわいそうですが。

ポール・ブリッツさん : 私も悲しいです・・・

本当に私の世代には厳しい現実でした・・・体操の具志堅 氏・柔道の山下 氏 の両名がロサンゼルスで金メダルを取ったことは我々世代の誇りだと思います。

マサの場合は・・・災い転じて・・・「おっと…」最後までお付き合いを・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR