FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第37話

 「青田先輩、今日も宜しくお願いします。 無料で飲み食いが出来ると聞いて…とびっきりのメンバーを揃えて来ました。」

  「どこがやねん? この前と一緒やないか……誰か、入れ替わってるんか…?」

「いえ、元々が精鋭部隊ですので、一人も欠ける事無く…見事に2回続けて、同じ面々が揃ったと云う意味です。」

「アホっ、相も変わらず…めんどくさい奴っちゃなぁ…あんたら、ええ加減に…体育会系から脱皮せんとアカンで。」        「準備のために早く集まってくれたんは感謝するけど、この時間に全員が揃ってる必要は無いやろ? 高木、あんたの号令か…?」

  「はい。 でも手分けして…伊藤ちゃんとアキには手伝うてもらいました。」

  「部活の系列…そのまんまやないか。」

 「染みついた習慣ですから…今のところ、誰ひとり嫁に行く予定も無いので…招集には困らないと思います。」

 「誰ひとりって…現役の頃みたいに【パンダ柄の日焼け】も無くなったんやから…ちょっとは、色気の在る話も無いんか…?」

「先輩に、色気の話で説教されるんは…思いっきり抵抗が在りますけど…まぁ、最近はメッキリ女らしくなったと評判やから…。」

「アキちゃんって…あんただけは、成人しても全く変わらへん子やなぁ、『評判やから…』や無いやろ…『評判通り…』や…。」

  「あのなぁ、おもろいけど…そんなとこまで系列を守らんでもええやろ…。」

   「いや、こっちは系列や無うて…伝統と言うて下さい。」

    「アホっ…アキちゃん、もうええやろ…。」

「まぁ、アキと伊藤ちゃんの…漫才コンビは健在ですけど… とにかく私らみんな、青田先輩にずっと憧れてきましたんで…。」     「先輩より、先に嫁に行くような裏切り者は…【今のところ】は、居て無いと云う事ですわ。」

 「…【今のところ】は…なぁ………。」                                                         「今日の相手は、ほとんどが本気で彼女や嫁さん募集中らしいからな、体育会系どうし…ええ相手が見つかるかも分からんで。」

 「実はちょっと期待してますねん。」                                                            「この前の柔道部との飲み会は…2年連続やったし、楽しかったんですけど…元々知ってる同窓生ですしね。」           「今回は初めての出会いと、年上の人って処に…惹かれるものが在るんですわ。」

 「なるほどなぁ… せやけど、それは高木……あんただけと違うんか…?」

  「…ち、違いますよ… 私以外の全員ですわ…。」

「ちょっと! 以外って…? 高木さん、それはズルいで~~! アキちゃん…今やったら、何を言うてもかめへん…私が許す!」

  「え~~御指名を受けましたので………。」

   「ちょっと待ってや…なぁ、アキ……」

 「はいっ…! 元キャプテンと云う事は忘れて…押さえといてや。」

  「なんでいつも…こうなるんや……?」

「え~っ、高木元キャプテンから招集が掛かり、系列に準じて連絡をしましたが…その時の主将命令がこれです………」      「『今回は同窓生では無く、年上かつ初めての出会いに期待大……全員、私に協力するように…以上。』…なにか反論は?」

 「違うやん。 みんなの期待を代弁しただけやんか。」「…なっ…みんな、おんなじ事を考えとったやろ…?」

   「めっそ~もない…。」

  「あんたら全員、裏切りモンやなぁ…」

「ようするに高木は、うちより先に嫁に行くはずが無い【今のところ】居てない【裏切り者第1号】の座をねらっとった訳やな。」

  「いやいや、違いますって……そんな大それた事、私が考えると思うんですか…?」

「証言その1、『青田先輩の場合、藤川先輩がオリンピックへ出場したら結婚や…私らも、それから相手を探しとったら行き遅れる…今から準備して丁度ええんや。』と、ハッキリ聞いたと言う人から…聞きました。」

  「証言その2、『ハッキリ聞いた。』と、言っている人に私が言いました。」

  「証言その3、今…聞きました。」

 「証言その4、下級生一同…右に同じです。」

「もうええ。 いつものパターンや…あんたら体育会系は勿論やけど、大阪の人間やもんなぁ……。」                     「2人寄ったら…漫才が始まると云うぐらいや、こんだけ集まったら…お笑い劇場になっとるやないか。」

 「ノリは、私ら関西人の命ですから…これぐらいは、何の仕込みも準備も必要なしですわ。」

 「…せやから、もうええ…。」                                                               「もうちょっとで警官部隊の登場や… ええか、いつもの通り、カウンター全席と…こっち半分が陸上部の控室やからな……。」   「特別気を遣う必要は無いけど…カウンターに出来上がった料理くらいは…スポンサーに運んだってや。」



 「おっ、準備万端やないか…」「さぁ、みなさん入って下さい…陸上部隊は準備が出来てるようですわ。」   
             
     (…マサのアホっ………自衛隊とは違うんやで…)(夕子)
 「あっ皆さん、お待ちしてました… 私が言うのもおかしいですが……いつも…藤川がお世話になって居ります。」

 「いえ、こちらこそ。若女将のお陰で実現出来た待望の飲み会ですから…楽しみにして来ました。」                    「我々の方には、若女将の事を知らん奴は居てませんので…そちらの、後輩の方々を紹介して欲しいんですけど……。」

 「はい、任せといて下さい。」「でも、用心は必要ですよ……女性とは云え…とびきりの精鋭部隊ですから。」




  「マサ、大丈夫か…? 伊藤ちゃん…小西さんに取られてしもうたみたいやな…?」

   「うん、お陰で大丈夫や……ビールしか飲んで無いからな…。」                                       「しかし、お前は特別やとしても、みんな凄いなぁ…なんで、あれだけ飲めるんや? 食べるだけやったら…勝てるのになぁ…。」

 「あんたは、未だに2本~3本が意識の境目やもんなぁ…この辺りで限界って事が…結論やと思うで……うちは……。」

  「せやなぁ……これ以上は強くならんと…自分でも思うわ……限界突破は…諦めるしか無さそうや……。」

  「それにしても、伊藤ちゃんは…小西さんと結構ええ雰囲気やで…気に成るやろ…?」                         

  「アホな事を…それに、小西さんやったら…伊藤ちゃんにしても…申し分ない相手やで。」

 「まぁな、確かに美男美女やし、似合いとも言えるわ……それに比べて、高木は苦労してるみたいやで。」

  「せやなぁ…俺には、気合いが…空回りしてるように見えるけどな………。」

    「鋭いやないか……あんた、うちらが準備してる時から…話を聞いてたんと違うやろな…?」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント