FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第33話

   「困ったなぁ…………。」

  「お母ちゃん…お父ちゃんが、何か困ってはるけど……あれはお母ちゃんに…助けを求めてる言い方やで…。」

「放っといたらよろしい……朝からずっと困ってはるんや…。」                                          「あんたも、昌幸くんが困ってる時は…子供の頃からロクな事が無かったやろ…? この手の男の…共通点や…。」

 「あいつの場合は、喜んでる時も…ロクな事が無かったけどな……ほな、うちは放っといたらええんやな…?」

  「薄情な娘やで…困ったもんや………。」

 「夕子は、気にせんでもええ………無視して放っといて。」

 「よっしゃ分かった……ちょっと用が在って、店に行くけど… お母ちゃん、なんか…ついでが在るんやったら言うてや…。」

  「店に、用事は在りませんけど、買い物に行くんやったら…カツオ節と昆布を頼みますわ。」

  「それやったら、昼に…マサと、御飯食べに行ったついでに買うてくるわ。」

   「はい、それで頼みます…明日の、開店に間に合うたらええのやから。」

「ほな、お父ちゃんゴメンやで…うちは力になられへんわ。」                                                   「まぁ、用が在って店に行くんやけど、その間にマサが来たら…慰めてもろたらええやんか…。」                   「マサの事やから…尊敬する、大好きな先生や……ことによっては…助けてくれるかも知れへんで~~。」

  「ま、昌幸が来るんか…?」

「夕子、ちょっと待ちぃ!」                                                         「サブちゃん、あんた…しょうも無い事考えとったらあきませんで!」 
「昌幸くんやったら…きっと助けるはずや… ええか! 夕子から『絶対アカン』と…釘を刺しといてや!」

  「怖い嫁やで、困ったなぁ………。」

「お母ちゃんをここまで怒らせるって……お父ちゃん、今回は…いったい何をやらかしたんや…?」                    「困ってる…【この手の男の…共通点】……マサが助けられる事って…また性懲りも無く、小遣い使い果たしたんか…?」

  「頭のええ娘や、困ったなぁ………。」

「アホっ! あんたが困った奴なんや。」                                                         「弱いんやから、麻雀で負けるんは…珍しい事あらへん…けど、もっと弱いパチンコで…取り返せるはずが無いやろ。」      「負けるのが判ってるのに、1%の確立にかけて勝負しといて…『やってもうた~天下無敵の無一文や~』と言うて泣きついてきたんやけど…今月一杯は、何が在っても許さへん事に決めたんや…整骨院の帳簿も…きっちり調べるよって覚えときや。」

「あっ、それはしゃ~ないわ。」
 「敵に回すとしたら、お父ちゃんか、うちとお母ちゃんの連合軍か…好きな方を選ぶように…きっちりマサに伝えとくわ。」

 「麻雀もパチンコも、お前らも…みんな嫌いや…。 昌幸は、たった一人の味方やのに… ほんまに、困ったもんや………。」

  「アホっ! 一週間ほどの辛抱やないか……これに懲りて…考え方を改めるんやで。」

  「お父ちゃん、観念するしか無いやんか……ほな、うち行ってくるし……。」



 「まぁ先生、月末までの飲代は俺が持ちますやんか……後は、これを機会に煙草をやめたらどうですか…?」

  「お前、簡単に言うけどなぁ…禁煙って、何回やっても失敗するほど難しいんやで。」

 「せやから、吸いたくても吸えないんやから…『仕方が無い、これはチャンスや』と…考えたらええやないですか。」

「ほんまに簡単に言うなぁ…そらお前は、酒も煙草もギャンブルもせえへんから…言えるんや。」                        「煙草代もくれへんって…ちょっと、ひど過ぎると思わへんか………。」

「確かに、酒は飲まないと言うてもええ量ですけどね…せやけど、禁煙が難しいのも解かってるつもりですよ。」           「俺に子供の頃から…『体の為や、煙草は一度覚えたらやめ難い…初めから手を出すな。』と言うてたのも先生やから…。」     「俺は、特技中の特技…【素直】で…それを忠実に守っただけですやんか。」

 「せやな、お前は懸命やった……確かに1週間以上、吸いたくても吸えんとなると…やめられそうな気もするなぁ…。」          「何回も失敗したけど、お前に言うた言葉を思い出して…今更ながらやけど、もう一回頑張ってみる事にするわ。」

 「それそれ…周りに吸う人間が居て無いんやから、それが応援になると思いますよ。」

  「うん、確かにそうや……家と店以外はな…。」

「判っとったら…麻雀とパチンコもやめたらど~ですねん…? ただでも弱いくせに、タバコが無かったら負けるんやろ…?」

「先生! それですわ…この際、一気にギャンブルも卒業しましょう……。」                                     「俺も、現役警官として……絶対賛成、全面協力させてもらいますわ。」



 「マサ、どっちを敵に回すかを考えつつも…お父ちゃんの為に……早めに来て…慰めてくれてたんやな…?」

「うん、禁煙の決意表明までは確認したから…みんなで応援するんやど……。」                                「麻雀とパチンコについては…これからと云うタイミングで……夕子の登場…今の現状や……。」

「待て、昌幸……」                                                                     「禁煙は確かに…たばこ代停止期間…10日近くも吸いたくても禁煙状態が続く訳やから…そのまま禁煙に成功するかも…?」    「…そんな希望的観測を期待しての話や…麻雀とパチンコは…まだちょっと、一旦土俵から降ろしといてくれるか…。」

 「たばこ代停止期間…⁈ お母ちゃん、煙草代まで取り上げたんかいな? 自業自得とは云え…今回は厳しいやんか。」

  「可哀そうやろ…? 困ってるんや………。」

「あんたは黙っとき! これぐらいせんと、懲りるちゅう事を知らん人やから…これで禁煙に成功したら、怪我の功名やんか。」    「それに… 禁煙出来たら出来たで、タバコが無かったら負ける…麻雀とパチンコもやめるしか無いんと違いますか…?」            「今まで…賭博の現行犯で逮捕されへんかった事と合わせて…昌幸君には感謝せんとあきませんで。」                     「気が付いたら、もう…ええ時間になりましたなぁ… 夕子はもう、店での用事は終わりましたんか…?」

 「それなんやけど…うちも、お母ちゃんに怒られんとアカンねん……実は、ちょっと引っ掛けて…花瓶を割ってしもうたんや。」

  「あれまぁ……ほんで怪我なんかしませんでしたんか…?」

 「いや、ただ割れただけやから……ちょっと掃除に時間が掛かって遅くなったんや…。」

 「ほんなら、かまへんやないの……そんなにええ物やないけど、押し入れに…二つほど代わりが在りますわ。」

  「ほんま…? ほんなら、それを持って行くわ…。」「なぁ… 押し入れのどこ…?」

  「たしか、アルバムとか積んでる奥ですわ。」

 「ああ、これやなぁ……在ったけど、お母ちゃんヘソクリでもしてるんとちゃうか…? なんか入ってるで………。」

   「…昌幸、逃げるぞ……………!」

   「えっ、先生…急になにを……?」

  「つべこべ言うな! 一刻を争うんや…!」

   「せ、先生……まさか…………?!…」

 「その、まさかや!……いくでダッシュや!!」

   「ちょっと待ちぃ! 二人とも動きな…!」

  「…いやん……………。」

「この前の『昌幸、有難う。』が、これやったんやな… 怪しいとは思うてたけど、物的証拠が見つかってしもうたなぁ……。」      「法の裁きちゅうもんを教えたる…ええ機会やで…元警察官の方は、お母ちゃんに身柄を引き渡すよって…面倒見たってや。」

 「私は、今更そんなん…どうでもよろしい……けど、とにかく禁煙が成功したと確認できるまで…小遣い無しは確実ですわ。」

 「何が在っても、今月中にやめんとアカンやないか…困った事になってしもたわ。」

「お父ちゃん、おめでとう… 禁煙成功は確実みたいやな。」                                              「…さてと…ほな、現役の警官は、その読めもせん英語の雑誌を持って……うちの部屋までついておいで。」

   「……困ったなぁ…………。」

 「……困った…どころか………これは大変や……………無事ではすまんやろ……確実や………。」

スポンサーサイト



コメント

見つかるまで2話とは持ちこたえたほうだと思う(笑)

ポール・ブリッツさん、いつも有難うございます。

持ちこたえた方ですよね・・・確かにそうかも知れないと思います。
物語は中盤を過ぎて後半へと差し掛かっています…今後ともよろしくお願いいたします。
非公開コメント