FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第32話

「おい夕子、おばちゃんのジーパン姿…目茶苦茶カッコええやないか。 俺はとしては、着物よりええと思うんやけどなぁ……。」

 「直接、お母ちゃんに聞かせたってくれるか……当分の飲み食いは…タダにしてくれると思うで…。」

「いやいや冗談と違うで…たとえば、昼はジーパンにエプロン…着物は夜だけにするとか…なっ!お客さんも絶対に喜ぶわ。」   「今でもファンは多いけど…おばちゃんの、新しいファンが増えるんは間違いないで。」

  「ええやないか……それも追加して聞かせたら…半年は、タダになるはずやわ。」

 「おいおい…とにかく、エプロンを買いに行くのに付き合わされたけど…こう云う狙いがあったんやな…。」

「せやねん……急に何を思うたんか、ジーパンにお揃いのエプロンって言い出したんは…お母ちゃんからやで。」

  「あっ、ほんで…ジーパンは1本やったのに、エプロンは2枚買うたんか。」

「あの時買うたんは、実は…うちのジーパンなんや。」                                                「うちは…『買うてきたろか?』って聞いたのに…ど~しても…自分で買いに行く言うて…お母ちゃんは自分で買うてきたんや。」

  「えっ、そうなんか…おばちゃん、ジーパンなんか初めてやろ…?」

 「なんでやろなぁ…その理由を喋る勇気は無いけど…あんたが褒めとったと聞いたら…喜ぶ事だけは確かや。」

「まぁ、褒められるんは…誰に褒められても嬉しいやろ…?」                                            「けど、お前が喋るのに勇気がいるような理由が…俺には…想像も出来へんけどなぁ………?…」

  「想像もせんまま…忘れたって。」

「わ、わかった……。」「ただ、お前の【ジャージに割烹着】と云う姿に関しては…違和感が在ると言えば…その通りやけど…。」 「俺としては、ユーモラスな可愛らしさが在って…好きやったんやけどな…二度と見られへんと成ると…寂しい気もするわ。」

「実はうちも、違和感を持ちながらも…気には入ってたんや。」                                          「白い割烹着に…黒い顔がアンバランスでなぁ……それが、マサの言う…ユーモラスに見えたんかも知れへんわ。」

「うん…ほんまや、そんな気がする。」                                                          「しかし、今日は休みやのに…着てはったと云う事は、おばちゃん自身も…ジーパンは気に入ったと云う事やろなぁ…。」

  「あんたに…見て欲しかったんやと思うで…。」

  「えっ、ほんまにか…なんでやねん…?」

「あんたが来ると聞いて…急いで着替えたからや……それまでは、いつも通り着物やったんや。」                                   「先週の日曜日に買うて来て…初めて着たんが、一週間後の今日やと思うで。」

  「ええ~~⁉ 喜んでええのか…不思議と言うた方がええのんか………。」

 「あんたの特技や…素直に喜んだらええやんか。 不思議な事もあらへん……お母ちゃんはマサのファンやから。」

  「おっと…それは先生に……なんか悪い気が……。」

「アホっ…ようするに、うちとお父ちゃん以外の…誰かに褒めて欲しかったと…云う事や…。」                        「そうなると…真っ先に思い当たるんは…マサしか居て無いやんか。」

  「うん…まぁ、そうか……そう言われたら、そうかも知れんなぁ……。」

「なっ⁈ これで、マサがさっき言うてた事を伝えたったら…さっそく明日から、ジーパンと揃いのエプロンで…営業開始や。」

  「それこそ…ええ感じやないか。」

「まぁな…うちも楽しみにしてるんや。」「子供の頃は、お父ちゃんが自慢で…カッコええと思うてた。」                   「今が、違うとは言わへんけども…実は、お母ちゃんが…なんて云うんか……。」                               「今回のジーパンもそうやけど…歳を取るどころか、若返ってきてるように…思えるほどなんや。」

「なるほどなぁ…先生は確かに、オジサンに成ってきたと思えるけど、おばちゃんは全然…変ってへんもんな。」            「ほんまに、子供の頃からずっと……今でも…綺麗なおばちゃんのまんまや。」

 「ええ感じやで~~これで【年間無料席ご案内】は…確実になったわ。」

  「ぜひ、正直に…そのままお伝え下さい。」

 「まかしとき…って……アホっ。 でも、今のは…そのまま伝えといたるよ…。」

「…有難う…お前自身も嬉しそうや……… ほんでも、確かにおばちゃんは…歳を取らへんなぁ。」                      「知らん人には、お前と親子には見えんのと違うやろか…? 初めてのお客さんなんか…どう思うてるんやろな…?」

「何回もある話やけどな…お母ちゃんの場合、嘘をついたり、誤魔化したりする気は無いようやけど…『姉妹やろ』って言うてくれた お客さんには【過剰なサービス】してるんを…うちは見逃したってるんや。」

 「ええやないか…。」「おばちゃん、乙女してはるんや…これからも見逃したってくれ。」

  「あんたらしい発想やけど、うちも全く同じ意見や…安心しとき。」

「よっしゃ…それには安心しとくわ。」「せやけど、ついでにもう一つ… 安心させて欲しい事が在るんやけど…かまへんか…?」

 「えっ、何を思い出したんか知らんけど…急になにやねん…?」

 「いや~実は、ずっと前から思うてる事なんやけどなぁ… お前こそ、その格好なんとかならへんのんか…?」

  「意味が判らへん…どこが気に入らんねん…? いつもの格好やないか。」

「せやから、ずっと前から…思うてる事やと云うたやないか…。」                                          「お前、夏になったらその格好やけど…今から、お好み焼きでも食べに行くとなったら…その格好では行かへんやろ…?」

「アホっ! 当たり前やないか…それもいつもの通りやろ…この上に、ジャージ…もしくはTシャツとジーパンやないか…。」     「ずっと前から…? 今更…なにが言いたいんか知らんけど、知恵熱でも出たんか…?」

 「ほんまに、いつもの事やけどな……その上にジャージやろ…?」

  「しまいに怒るで……なにが、言いたいねん…?」

   「今のお前って、ほぼ……下着やろ…?」

「あ……アホっ…スポーツブラと…ランパンやないか…?」                                         「ちょっ、ちょっと待ちぃや……スポーツブラは、もしかして…100人に聞いたら…何人かは下着と答えるかも分からんけど…。」      「ランパンはちゃうやろ…? この下にまだ…ちゃんとはいてるし………。」

「結局のところ…お前の場合、この季節は…それ…。」                                                「冬になったら…今は、脱いでるそのジャージを…上から着てるだけの事やろ…?」

 「…そ、そうや…。 けど、それはええやないか……なんにもおかしい事あらへんやろ…?」

  「うん、それはまぁ…ええんや……そのまま表を歩けるやろ…? 問題はそこや無うて……。」
「ちょっと待って…今日はスポーツブラやけど、競技用のセパレートの時も在るで…これは完全にアウトドアやないか…?」

「競技場で見る分にはな……競技用のハイカットショーツなんか…ビキニより際どいやないか…。」                    「そんなモンで商店街を歩いてる奴、見た事ないやろ…? 在る意味…ドッキリやど…。」

 「もうええ、これで表を歩く事は無いんやから……ようするに、あんたはそのドッキリが…厭なんか…?」

  「…いや、そんな事は…全然………。」

「ほんなら、かめへんやないか……いらん事考えんと、あと2年…辛抱しとったらええんや…。」                      「そのための、月2回入れ替え制……必要不可欠、必見必読のエロ本と違うんか……?」

 「…あの~~~ この話は… 金輪際、未来永劫…封印させて頂きますので……ここはひとつ……なんと申しますか……。」      「…お互い…この問題の関係事項には触れないように……お願いできますでしょうか……?」

「アホっ! お母ちゃんの【過剰サービス】より、ずっと前から…あんたには、過剰なサービスで…見逃したってるやろ…⁉」

 「…ありがとうございます……今後とも…引き続き……少なくとも、2年間は…よろしくお願いいたします…。」

「もうええ! これ以上、漫才の練習には付き合いきれへん……。」                                       「心配せんでも、見逃したるよ……今くらいのレベルをキープするんやったらな………」       
                                 「仲良しのお父ちゃんも…喜んでることやし…。」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント