FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第31話

   「なんや昌幸…誘いに来たんか…?」

  「いえ…ちょっと、先生の顔を見に寄ったんですけど、先生が行くんやったら…なんぼでも付き合いますよ。」

  「お前、飯は食べて来たんか…? 俺は、ちょうど…食べ終わったところなんや。」

   「はい、食べてはきたんですけど…ちょっと物足らん気がして……。」

  「なるほど…よっしゃ、付き合うたるわ。」

  「先生~~ 実は、ちょっと…見せたい物が在るんですけど… 今…ここで………。」

  「ふ~ん……そう云う事か…」「何か持ってるとは思うてたんや…店に行く前でないと…マズイんやな…?」

  「はい、ものごっついマズイです… 実は、これですわ。」

  「お、おい…これは………」

  「先生、振り向かんでも…今は大丈夫ですやんか……店は営業中なんやから。」

 「せ、せやな…。」「…しかし、これは…うわぁ~アカンやん……完全にアウトやないか… お前、これどないしたんや…?」

  「新婚旅行で、ハワイに行ってきた…先輩の土産ですわ。」

「なるほど、それで完全無修正か…上手い事隠せた訳やな…けど、ドキドキやろ…? ちょっと待てよ…お前の先輩って事は…?」

「はい、その通りですけど…なんか話によると、堂々とさえしとったら…初めての海外旅行…ましてや新婚旅行となると形式だけで、ほとんど調べられへんらしいですわ。」

「ふ~ん、そんなモンなんか……」                                                               「まぁ、これぐらいの事…たまには、警察官と云う事を忘れてもええやろ…大きな声では言えんけどな。」

 「はい、此処だけの話、婦警さん以外は…みんな同じ事言うてましたわ。」

「そらそうやろ、婦警を巻き込んだら…想像しただけでも、恐ろしい事になるのは…目に見えてるわ…。」                  「そんな事は、この際ど~でもええんや……だいたい、これを商売にする奴が居てるから悪いんや。」                 「個人で楽しむ分には…何て事の無い話なんや。」「…そう言えば、押収物を見るんを…楽しみにしてる奴もおったわ。」

  「先生、それこそ此処だけの話に………俺も…今は現役ですから……。」

「…せ、せやな。 と、とにかく…今はこれをど~するかって事が…大問題や……はてさて……。」                         「お前、どこに隠しても夕子に見つかるから…俺のところへ持って来たんやろ…?」

 「それはその通りです…けど、ええ隠し場所が在ったとして…先生に内緒にしてても…良かったんですか…?」

  「でかした! さすが昌幸、褒めてつかわす。」

  「はっ、有難き……って…早よ、隠すところを考えて…飲みに行きましょうや。」

 「う~ん、実際のところそれが問題やで。 一度、夕子に見つかってから…なんか雲行きも悪いし、居心地も悪いんや……。」

「先生、言うときますけど、見つかるんやったら…おばちゃんですよ…夕子にだけは…絶対に…見つからん処に隠して下さいよ。」

 「ほんで… もし見つかった時には、一人で…罪をかぶれと云う事かいな…?」

 「この雑誌と引き換えの、どないしても譲られへん条件ですわ…頼みますよ。」

 「頼まれてもなぁ…この前は、碁盤の箱に隠してたんを…夕子が踏み台に使いよったから…見つかったんやで。」

「そんなん、碁盤が押し入れの奥やったらまだしも…すぐそこに見えてますやんか…。」                              「相手は夕子やのに…踏み台にしてくれと、言うてるようなモンですやんか。」

「アホっ! お前にそんな事言われたないわ。」「お前こそ、引き出しの奥とか、旅行カバンの中とか、ベッドの下とかで……。」   「…いかにも見つけて下さいって…場所やないか…? お前こそしっかりせんかい!」 

「しっかりしたいんですけど…俺の部屋で、隠せる場所と云えば…ごく限られてますから……。」                      「どこに隠しても、ちょっと手の込んだ掃除をされたら、一巻の終わりなんですわ。」

「そうやなぁ、洋子も夕子も…こんなモンをわざわざ探し回るタイプとは…全く違うんやけどなぁ…。」                     「ど~~云うわけか……ちょっとしたタイミングで、不思議なくらい…見つかってしまうんや。」

  「先生、以前見つかった…月2回の雑誌は……今、どこに隠してあるんですか…?」

「アレは押し入れの……せや、あそこや! ちょっと待っとけよ…………。」                                 
       「よっしゃ~ これで安心や…しっかりと預かった……さぁ、祝杯をあげに行こか。」

 「待ってましたと…言いたいんですけど、ほんまに大丈夫でしょうね…? 今回は、物が物だけに…絶対にお願いしますよ。」

 「まかさんかい。 ちょっと見るには不便な場所やけど…それだけ見つかる心配も…無い…と云う事やないか。」



  「よし、まずは乾杯や……昌幸、有難う。」

「なぁマサ、こんな中途半端な時間に…しかもお父ちゃんと来るって事は…何をしとったんや…?」                        「…今やったら、大目に見られる事でも…後になれば成るほど……覚悟は出来てるんやろな…?」

「な、なにを言うんや……ちょっと先生に用が在っただけやないか…それでまぁ…話をしてる内に、軽く一杯…となった訳や…。」

  「あんたはいつも…軽く一杯やんか。 けど、ええわ…今回はうちには関係無さそうや。」

  「えっ、なんで…そう思うんや…?」

「マサが、お父ちゃんに…用が在ったんやろ…? ほんで、入って来て、いきなり乾杯…ここまでやったら…普段通りや……。」    「けど…『昌幸有難う』を…うちが、聞き逃すはず無いやんか……。」                                          「お母ちゃん、お父ちゃんが…マサから、何かええモンもろたみたいやで~。」

  「あら、昌幸くん有難う……帰ってから…私も見せてもらいますわ。」

   「…いや~そんなこと………僕は…………はい……。」

「昌幸…! お前は黙っとたらええんや……。」「この場面…帰るまでに策を考えて、俺がなんとか切り抜ける……。」          「子供の頃から、お前の自爆には泣かされてきたんや…今日だけは……絶対にアカン。」

  「あんたら二人のヒソヒソ話で…内容まで想像がつくわ。」

  「せ…先生~~~」

「お前も現役の警察官やろ…状況証拠と動機は、思いっきり在っても…物証が見つかれへんかったらええんや…心配いらん。」

  「……はい、命あずけます…。」

スポンサーサイト



コメント

こういうものを見つけるときの女は、みんな凄腕の安楽椅子探偵になるからなあ……気の毒だなあ……(^^;)

ポール・ブリッツさん、いつも有難うございます。

そ~なんですよね・・・必ず見つかるんですよね・・・
非公開コメント