FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 第30話

 「なぁお母ちゃん、この頃、気にしてるんやけど…いつまでも、ジャージに割烹着って…具合悪いんと違うやろか…?」

「せやねぇ、私は着物が当たり前に成ってますけど…あんたには動きにくいやろし…まぁ、かまへんのとちゃいますか?」

  「せやけどお母ちゃん、ちょっとは…色気も必要やと言うとったやんか。」

「色気は、服装だけで…出て来るってモンでは無いのやで…あんたが、この頃めっきり女らしく成ったんも…解ってますか…?」      「決して、昌幸くんからプレゼントしてもらった…スーツやワンピースのお陰とは違いますんやで。」

   「えっ、せやけどアレがきっかけで……」 

「そう…アレがきっかけでしたんや…あんた自身が目覚めたと言うた方が…正しいんやと思いますけど……。」           「夕子が…『ジャージのままでええんやろか…?』って思うのも…同じ事ですわ。夕子の中の…女が弾けたと云うことやね。」

「そうか…後輩からも、色んな事を言われてきたけど…なんやかんや云うても…気にして無かった。」                  「せやけど、面倒くさいと思いながらも…鏡に映ったスーツ姿の自分を見て『うわっ!』っと…今から思うと恥ずかしいけど…。」         「正直なところ…『うわっ!』と…『これがうちかいな…中々、イケてるやん…』と…実際のところ…そう思うたんや。」

  「それこそ、そこが夕子の中の女が…弾けた瞬間やった訳やと思いますわ。」

 「うん、そうかも…なんや気恥かしい感じもするけど……今は…それが良かったと思えるんや……不思議やろ…?」

「そんなん、全く…不思議な事なんかありませんわ……夕子の場合…どこかのタイミングでこんな事でも無かったら……。」          「私は嬉しいですけど、一番喜んでるのは…なんと云うても、昌幸くんやと思いますけどね。」

 「それについては、うちもそう思う… あいつの狙い通りやと思うたら腹も立つけど…これに関しては良しとしとくわ。」

「とにかく、そう云う気持ちを持ってるんやったら…ジャージでもええんやないかと思いますねん。」                     「動きやすいし…あんたには、これはこれでよう似合うてますからなぁ…そうや、エプロンにしたらどうですやろか…?」        「割烹着って、そもそも着物を想定したものやから……日本一似合うジャージにエプロン…夕子にはピッタリやんか…。」

「なるほど、そうかも知れへんなぁ…当たり前のように割烹着を着てたけど、なんか違和感を感じとったんや。」              「それに、うちに着物は…ちょっとどころか、物凄~~~く…無理があるしなぁ…。」

「そう云うことやね。 今の夕子は、男の子や無うて…ちゃんと女の人に見えますからねぇ…しかも、えらいべっぴんやし。」      「せやから、清潔で小奇麗な格好やったらよろしいんや……良かったなぁ…私に似てて……。」

 「……素直に喜んどくわ。」「メニューと一緒で、何がなんでも…和風にこだわる必要は無いんや…。」                   「お母ちゃんは…着物に割烹着、うちはジャージにエプロンでもええんや……なんか納得がいった…スッキリしたわ…。」

「そうやね…逆に私が、着物ばっかりや無うてジーパンでもはいてみよか…? お揃いのエプロンも…面白いかも知れませんで。」

 「それ…ええやん。 お母ちゃんのジーパンも絶対似合うわ… うちも見てみたいし、お父ちゃんも…きっと喜ぶで~~。」      「うちの方が背は高いけど、サイズはそんなに変らへんやろ? 今度の休み…エプロンと一緒に買うてきたるわ。」

 「そうやね、夕子のセンスに任せますわ……けど、ジーパンはスリムにしてや。」

  「スリムなんやな……まぁええわ、ほんでサイズは…?」

 「……ジーパンは…自分で買いに行く事にしますわ……エプロンだけ買うてきて。」

  「娘に恥ずかしがって…どないするねん。」

「私は、女に目覚めてから…まだ起きたままなんや……それに、あんたの買い物って、一人で行くんとちゃいますやろ…?」

 「それって、黙って付いてくる…専属の、荷物持ちの事を言うてるんか…?」

  「その荷物持ちにバレて……夕子と、比べられたら恥かしいやんか…。」

  「そんなん、誰も比べるかいな……仮に、比べた処でどうなるんや…?」

「ど~なるとか…ならんとか……それはまぁ…私に対して、持ってるイメージを大切にしてやらんと……。」                       「なぁ… ただでさえ最近は…私のファンが減って、あんたの方へ片寄ってきてるんやから……。」

 「お母ちゃん、変なとこで…うちをライバルにするのんは…やめて欲しいわ。」

「どうやろか…どこかでライバルと思ってるんかも知れませんけど……単純に悔しいだけやと思いますわ…。」               「若いお客さんは、当然やと思いますけど…不思議な事にお年寄りも…ほとんどが、今や…夕子のファンですやんか…。」            「私のファンって…ごく幅の狭い、40~55ぐらいの年代だけやないの……。」

 「お母ちゃん、それってスネてる様にしか聞こえへんけど……ライバルどころか…うち、ねたまれてるんとちゃうんか…?」

  「いいえ…ねたんでるつもりも無いんですけど……なんや…悔しいんですわ…。」

 「まさしく…『女に目覚めてから…起きたまま…』って言う一言に…説得力を感じる展開やなぁ。」

「私は、夕子と張り合うつもりは…全く無いのに…せやのにどこかで………」                                  「…なんて云うんか…そう云う事なのかも知れませんなぁ……」                                             「さぁ、すっかり遅うなってしまいましたやんか……夕子は、まだ何かする事が残ってるんですか…?」

「いや、あさってが休みやから、こんなもんで十分や…お母ちゃん…ボチボチ帰ろか…?」                        「ほんで、あさっては荷物持ちも休みやから…趣味のええエプロン探してくるわ…お母ちゃん、ほんまにジーパンはええのんか?」

  「……気持ちは、嬉しいんですけど……やっぱり、自分で買いに行く事にしますわ…。」

スポンサーサイト



コメント

幸せな女は美しく見える。

薄倖な女も美しく見える。

もしも美しく見えない女がいたとしたら、それは神がそうお造りになられたのだ。

 ― バーナード・ショー


……ウソです。

ポール・ブリッツさん、いつも有難うございます。

神は女性そのものが美しく見えるように創られた……by ミロのビーナス … 嘘です。
非公開コメント