FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第28話

 「お母ちゃん、年末か年始かは決まってないんやけど…うちとマサの後輩で、店を貸し切る事って出来るやろか…?」
           
   「それは構いませんけど、日曜日とは違いますのんか…?」

 「せやねん……やっぱり、みんな土曜日が都合ええみたいなんや…具合悪いやろか…?」

「今までは、無かった事ですけど…常連さんには、前もってお知らせ出来るんやから…構いませんで。」                         「これからは夕子の時代やって…いつも言うてる通りですから。」 

  「ほんま…!有難う…みんな喜ぶわ~。」

  「それで、何人ぐらいの…集まりに成るんですやろ…?」

  「せやなぁ……30人以上には、成ると思うで…。」

 「それは大変ですやんか…席は、無理やりでも…なんとか成るかもしれませんけど、料理が用意出来ますやろか…?」                 「私には、想像もつきませんわ……あんたが、段取りせんとあきませんで。」

  「うん、人数が決まったら計算してみる。」

「男女の差は在っても、全員が…体育会系の集まりですやろ…?」                                        「おそらく、家の鍋なんかも…使わんと間に合わんと思いますわ。」

 「そうかもなぁ…男女は半々くらいに成ると思うけど、とにかくメニューは全部…うちにまかせといて。」

「それは…任せるしか在りませんけど、とにかく…段取りは、早いうちから考えといた方がええと思いますわ…。」                「お店的には、前日や次の日の営業まで影響するんやないかと…私は、そこが気になってますねん。」

「そうか、さすがお母ちゃんや。当日だけや無うて…前日や次の日まで考える訳や…仕込みが間に合わんでも困るしなぁ…。」

「仕込みだけやあらへんで。何を考えてるんかは知りませんけど、食材かて用意出来る物は…前もって用意しとくんですわ…。」  「その日になってから、慌てても間に合わんし… さっきも言うたように…鍋や器まで頭に入れとくんやで。」

 「うん、わかった……それから、もしもの場合…手が足らんとなった時には…うちの後輩を呼んで手伝わせるわ。」

 「あんた、自分の事を思い出しみなはれ。夕子の後輩やで…臨床実験が必要な子…ばっかりと違うんかいな…?」

「絶対にそうやな…危険極まりない奴らやわ…そうなるとや…タイミングにもよるけど、マサのおばちゃんに頼んでみるわ。」

 「最高の助っ人ですわ。 それでも間に合わん時には…お義母さんも控えてはる。」「夕子…人手には心配いりませんわ。」

「それだけ揃うたら心強いけど…お婆ちゃんの場合は、年始で無いと……。」                                  「年末は、製麺所の手伝いを…休む分けにはいかへんしなぁ…。」

 「そんなん、ほんまの年末だけの話ですやんか……前もって頼んどいたら、大丈夫ですわ。」

 「そうか、せやなぁ…今日、マサが来るはずやから…あいつに後輩の段取りを…早ようまとめるように言うてみるわ。」        「うちの方は…高木か伊藤ちゃんにまとめさせるわ。」



 「マサあんた、お父ちゃんまで誘うて来たんはかまへんけど…飲み過ぎて…忘れたらアカンで。」                        「明日のうちに、ちゃんと後輩の予定をまとめとくんやで。」

 「心配せんでもええ。 今の俺はなぁ、ビール2本までやったら…酒より記憶の方が…残る量が多いんや。」

 「おいおい、偉そうに言う内容や無いけど… 昌幸お前、3本までは飲めるように成ったと…言うとったやないか…?」

「先生、ちゃいますねん…。」                                                                「 どう言うたらええのんか…3本飲めるんですけど…その場合、記憶は残らんで…酒だけが残るんですわ。」

   「………2本までにしとけ。」

 「ほんでも、許容量が1本から2本に…限界量は3本になったんですよ…成長率で言うたら、200~300%ですやんか。」

 「おおっ、それは凄いやないか~~ さすが昌幸やな…でかしたぞ! いつも言うてる通り…努力は裏切らへんのや…!」

  「はい! 有難うございます。 先生、頑張った甲斐が在りました~~ これからもご指導…よろしくお願い致します。」

  「STOPや! はい、そこまでにしといて… 勝手に漫才を始めたらアカンって…いつも言うてるやろ。」

 「漫才は別としても…究極の下戸やと言われた俺が、ここまで成長したんやど…お前も一言ぐらい……みと…め………。」

「…めへん!あのなぁ…酒は残らんと、記憶だけが残るのは… 結局ビール1本までなんやろ…?どこに成長があるねん…?」

「……そ、それは…物は云いようやないか…強くは無いけど……飲める量は…増えた気がしない事も…在ったり無かったり…。」

「相変わらずややこしい奴ちゃなぁ…物は云いようか…もうええ、エロ本コレクションも【数】は増えてへんようやし…なっ?!」

  「ち、ちょ…ちょっと待て……お、お前………??」

  「3回も場所を変えたけど…無駄やったなぁ。」

   「お前、いつもチェックしてるんか…?」

 「数は増えてへんけど、新しいのと古いのを…入れ替えてるんまで判ってる。」「…決まって、月末と月の初めやけどな。」

  「…う、うそやろ………。」

「あれ以来、あんたの部屋の掃除や洗濯物の整理なんかは…うちが担当してるんや。」                            「あんなモン、母親に見つかる方が恥ずかしいやろ…?うちの愛情やと思うて…感謝するんやで。」

 「これはなんの言い訳も出来へんなぁ…夕子もそのへんにしといたれ。」「どうや、3本目のやけ酒…手伝うたろか…?」

「あの、楽しそうなところ…悪いんやけどなぁ………」                                                 「新しいのと入れ替えた、古いヤツの行方やけど……お父ちゃんの部屋で見つかったで~。」

   「……そうですか…………。」

「……⁉……なぁ、夕子………な、なんで…ここで言うの…? こう云う事は…小さい声で…こそっと…2人だけの時に…言うて…」

「……先生、残念ながら…俺の場合……朝まで付き合うたりは…出来ない事を…前もって…お伝えをしておきますので……。」

  「…まぁ…昌幸…とにかく…は……とりあえず、3本目を…………。」

 「昌幸くん…?…無理したらアカンで……そのへんでやめときや……わかるやろ~~?」

  「…はい。これを食べたら帰ります…。」「その包丁…よく切れそうですね~~~」

   「…ま…昌幸……まぁ…慌てんでも………落ち着け……」

 「…先生こそ……落ち着いて…3本目は任せますので……お母さん、夕子も…ご馳走さまでした……。」

  「……うちは…知らんで~~~」      
   
              (…夕子……俺は恨むで~~~) ( 三郎 )
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント