FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第26話

   「あっ、先生どうも…夕子、居てますか…?」

  「居てるけどな、機嫌は最悪やど……分かってると思うけど……。」「ほんまに、情けない奴っちゃなぁ…。」

  「はい……俺も、気分は最悪なんですけど…なんとか起きてきました。」

「俺やったら、今日の夕子には…絶対近づかへんけど……そこがお前の辛いとこやなぁ…。」                       「ええか、絶好調でも勝たれへんのに、くれぐれも用心するんやど…なんか在っても…今日の夕子では…助けられへん……。」

 「そ、それほどですか…?まいったなぁ……覚悟決めて来たのに、帰りたくなるような事言わんといて下さい。」

  「せやな、悪かった。精一杯頑張ってこい……もしもの時には…骨だけは拾うたる。」

   「はい……その時はお願いします。」

 「こらッ!二人ともええ加減にしときや…いつも言うてるやろ……二人で、勝手に遊びやがって……。」                   「なに、漫才始めとんねん…アホっ。」

  「ああ夕子、待たせたなぁ………。」

「待たせたやあるかい!取りあえず上がっといで…お父ちゃんこそ、やたらと退屈しのぎに仕掛けとったらアカンで…ほんまに。」

   「えっ、そんな事……。」

 「そんな事もなんも…何が…『俺やったら、今日の夕子には近づかへん』や……しっかり聞いてたんや。」

  「そうやったかな…?俺は、お前と違うて……そんな昔の事は…忘れるようにしてるんや。」

   「…マサいくで。」

   「なぁ夕子……。」

  「もう、からんだれへん。」「…マサも早よおいでや。」


 「あんた、お父ちゃんと…しょうも無い漫才が出来るくらいやから…復活したんやろな…?」

  「絶好調には程遠いけど、なんとか大丈夫そうや。 待たせて悪かったなぁ……。」

  「アホっ、もうとっくに諦めたわ!何時やと思うてるねん……ほんまに……。」

   「え~っと、まだ昼をちょっとだけ…過ぎたところのはずやで。」

  「その時計つぶれてるわ。 時計を買うてから…もう1回出直して来たらどうや…?」

  「いや~それは解釈の違いやろ…?まだ3時前や、今すぐ出かけたらええやんか。」

「あのなぁ、久しぶりに休みが合うたから…涼みがてら、キャンプ場で…川遊びとバーベキューやと言い出したんは…マサの方やで……こんな時間から出かけて……真っ暗な中、晩ご飯を楽しむつもりやったんか…?」

 「…バーベキューは無理でも…なぁ、今からでも…映画ぐらい行けるやないか……頑張って起きて来たんやど。」

「アホっ…!頑張らんでええようにしたら、良かっただけの話やろが。」                                     「酒も飲まれへんくせに、陸上部の後輩が来てくれると聞いたとたん…鼻の下を伸ばしてやなぁ……。」                        「そもそも…呼んでも無いのに来やがって、このアホが………。」

 「別に、鼻の下を伸ばしたつもりは無いけど…久しぶりやし、楽しそうや…と思うて……。」

「たしかに…楽しそうやったわ。」「あんたの大好きな…伊藤ちゃんも来とったしなぁ。」                           「つもりもないのに…あれだけ伸びるんやったら…うちのお父ちゃん以上かもわからん…師匠を超えたと喜んどいたらええわ…。」

「いや、そんな技は教えてもらった事もないし……それに、伊藤ちゃんを特別に好きって事も無いのに…なんでそう思うんや…?」

  「…そ、それは……胸が…大きい…から…やんか。」

 「えっ、それはやな……違う… まさか夕子…ヤキモチか…?お前の場合…そんなはずが……?……。」

「ある訳ないやろ…半分以上は冗談や…呼びもせんのに来て、酔いつぶれたんに腹が立ってるんと…あんたの目が、伊藤ちゃんの胸に釘付けやったんが…ちょっと…気に食わんかっただけや…ヤキモチとは違う。」                           「酔いが回ってからは、他の子には見向きもせんと…目がやらしいんや!目が!この…どアホっ!無い物ねだりしやがって!」

「前々から予想はついとったけど…お前の唯一のウィークポイントって……洗濯板…あっ…ゴメン…命だけは勘弁して…。」

 「ええよ、否定出来へんから…。」「お母ちゃんが言うてたんや『男は死ぬまで、大きな胸に騒ぎよる生き物や』って…。」      「典型例がお父ちゃんらしいから、あんたも絶対そのはずや…騒ぐだけやったら見逃したる…… けど、無いもんは無いんや!」

「わ、解ってる…つもりやで…無いもんは…いや、だから…その辺は……俺の場合は先生とは…ちょっと違うと思うんやけど…。」

 「ホ~~っ…ほんなら、良文と肩車までして…壁の向こうに居てる、今田のお姉ちゃんの…どこが見たかったんや…?」

「…なぁお前、俺には…『しょうも無い事を…よう覚えてるなぁ~』って、いつも言うてるくせにやで………。」                「…こんな、たわいもない…極々…ただただ…しょうも無い事こそ… 早よ忘れてくれへんかなぁ……。」

「どこがしょうも無い事やねん… 物凄い印象に残る【事件】やったやないか…何が在っても忘れられへん…出来事のひとつや。」   「思い出す度……身も毛もよだつ…【石鹸忘れた事件】の、ほぼ直後やったやから、尚更なんや………。」             「あの二つは…ワンセットになってるからな……」                                                   「うちの中では、死ぬまでどころか…生まれ変わっても覚えてる事件として…【人生の記憶大辞典】の…見開きに登録された…数少ない事件の中の一つなんや…事件の主役は…ほとんど…マサ、あんたやけどな…。」    
           
「いや、それは違う…おかしいやないか…黙って聞いとったら、俺のお株を奪うような…訳の分からん事を言いやがって……。」  「なにが、物凄い印象に残るや…なにが、見開きに登録された…数少ない事件やねん……」                        「俺の周辺で起きた事件のベストテンは全部…夕子、お前の武勇伝しか無いやないか……俺なんか…その合間、合間に…時々登場する程度やと…誰に聞いても判る話や……。」

 「もうええ……あんたが、ちょっと思い出し掛けてる【いらん事】を、もっと思い出す前に…この話はやめとこか……。」

  「ほ、ほんなら昨日の話も…もうこの辺で、やめといてくれたらええやないか…。」

「何がやめといてや…やめときぃ言うてるのに…嬉しそうに注いでもろて…命がけで飲んだんが…ビール3本やないか…。」

  「まだ続くんかいな……ちゃんと家まで…一人で帰ったやないか…。」

  「アホっ!そんなん当たり前やろ。」

 「なぁ、そんな事言うてる間に…時間は過ぎて行くんやで…映画でも観に行こうや…。」

  「映画、映画って…なぁ、なんか心当たりでも在るんか…?」

 「やっとたどり着いたで…俺が、心当たりも無しに…映画に誘うはずが無いやろ…?」

  「ほな、マサは観たい映画が在るんか…?」

  「【007】や…!前作も一緒に行ったん覚えてるやろ…?タイトルは忘れたけど、何年ぶりかの新作らしいで。」

  「【黄金銃を持つ男】…3年前や。」

  「……そ、それや。 ほんで今度は…………。」

   「【私を愛したスパイ】や…アホっ…。」

「ここでアホは無いやろ……そ、それにしても…夕子お前、相変わらず凄いやないか…何でも分かってるんやなぁ…。」

「やかましいわ……何が心当たりや、3年前のタイトルも覚えて無いくせに…うちは今回の新作を、元々楽しみにしてたんや。」 「それを、二日酔いの埋め合わせに…急に思いつきやがって……」「楽しみにしとった…自分に腹が立つわ…アホっ!」

「…なぁ、3年前の事は…すぐに思い出されへんかったけど…今度の新作は違うんやで。」                             「実は俺も楽しみにしとったからな……ほら、ちゃんと…前売りチケットを買うて在るんや…。」

   「…それを早よ言わんかいな……行くで。」

スポンサーサイト



コメント

「私を愛したスパイ」ですか。

……無事にはすまんだろうなあ。(意味深)

それにこの年映画に誘うのなら、「スター・ウォーズ」のほうが好感度が高かったのではないかねマサくん(笑)

ポール・ブリッツさん、Wコメント有難うございます。

確かにマサは「スターウォーズ」の方が観たいのですが、007は夕子の好みなのでチョイスはこれで正解なんだと思います。
この物語は高校卒業時からですが、高校在学中には「ジョーズ」に誘って「一人で行け」と断られていますが、本来の夕子の好みは「ザッツ、エンターテイメント」に代表されるような往年のミュージカルなのですよ。
非公開コメント