FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第23話

  「とうとう夕子も…飲める日がやって来たなぁ……これからは、みんなで一緒に飲める分けや…。」

  「マサ、あんたの場合…飲めるとは言わへん… 舐めるや…。」

  「お前かて、今これから…飲んでみんと判らんやないか…?」

「それはそうやけど、あんたより強いのは…飲まんでも判ってるんや。」                                    「ただ、誕生日は今日やけど…金曜日やからな…マサのような事にならんためにも…今日のところは様子を見ながらにしとくわ。」 「それで…いけそうやと感じたら、明日の土曜日… もうちょっと…頑張ってみるつもりやねん。」

「そうやな…その方がええわ。うまい具合に、日曜日は俺も非番やしなぁ…。」                                  「俺も、明日はちょっと頑張ってみてもええけど…今日は、いつものビール1本くらいで様子を見る事にしとくわ…。」

 「その方がええと思う。 とにかく、お父ちゃんが来るまでは…これでも食べて待っとき…うちが飲むのも…それからや…。」

  「昌幸くん、これも食べたらよろしいわ……昼の残りやけど、天麩羅の盛り合わせ…。」

   「えっ…。 これはまた豪華な代物ですやん…ええんですか…?」

「かまへんよ…盛り合わせって言うたら、聞こえはええけど…ほんまのところは寄せ集めなんや。」                          「二度揚げも出来んから、常連さんのサービス品にしか使われへん… 遠慮せんと食べたらええんやで。」

 「もう、夕子は… いくら昌幸くんとは云え、なんでもかんでも…ほんまに…。」

  「いえ、俺には十分ですわ。 量も多いし…先生と一緒につまみます。」

「その先生ですけどなぁ…6時を過ぎた頃になるそうですわ。もうすぐですけど…今日だけは待ってあげてや…。」

 「待つもなにも、【餌】さえ与えといたら…マサにとって、酒は【おあずけ】には…ならへん。」

 「…ほんまに夕子は…【おあずけ】なんて…言い方がヒド過ぎですわ…なぁ…?」

「い、いえっ…でも、どうせフォローするんやったら…そこは【餌さえ…】の方が正しいように思うんですけど……僕は…。」



  「夕子御免やで~~ 待たせたなぁ… なんや、餌を前にして…お預けをくらっとたんか…?」

 「まるで話を聞いてたような、見事なフリやけど、食べる方は始まってる…待ってたのは飲む方だけやで。」

「それや~!…やっと来たんや…俺がどんだけこの日が来るのを…どれだけ…待ち望んで… まぁ、このくらいにしとこか…。」   「とにかく、今日は…夕子の二十歳の誕生日や。」                                                   「まずは、みんなで乾杯しかないやろ~~ ほれ…夕子…… 昌幸もや…洋子も…。」

「ふ~っ…なるほど、マサの一言…『これがビールか…?』は…名言やったんや…。」                           「なんとも…表現に困るシロモノかも知れへんなぁ……… せやけど、これは美味しいで…… そうか……これがビールか…。」

 「夕子…無理して言うてないか…?ほんまに美味しいんか…ホンマにか…?」

「アホっ… うちが無理する理由なんか…ど~考えても無いやんか…。」                                      「マサこそ…これを半年経っても、旨いと思わんと云う事は、一生旨いとは…思わんのとちゃうか…?」

  「いや、たしか… 半年では無く、保証期間は…1年間のはずやから…。」

「相変わらず、なに…訳のわからん事言うてるんや……んっ……唐揚げに… 無茶苦茶合うやんか。」                 「甘いモンは元々好きや無いけど、これはもう…ジュースなんか…飲んでる場合や無くなったわ… うち、目覚めたかも……。」

「ええんかどうかは別として、夕子は間違い無く…私ら夫婦の子供ですなぁ…ホンマ…遺伝子は正直ですわ。」              「やっぱり、突然変異なんか…滅多な事では起きへんのですなぁ…。」

 「そうやな、後は…アルコールに対しての【反応と抵抗力】がどう出るか…それが問題やな…?」

「うん、うちもそれを気にして…今日は、様子を見る程度にするつもりやったんやけど…今のところ…何の反応も感じられへん。」

 「おい夕子、俺の経験から言うとな…急に来るんや…調子に乗ってたら…気を失うかもしれんで…。」

「あんたに、その紅ショウガより赤い顔で言われても…何の説得力も感じへんわ……。」                            「なにより、まだビールも…半分以上残ってるやないか…。」

   「半分…ちかく…飲んだと云う事やないか…。」

「アホっ…!なにを偉そうに言うてるんや。」「それにしてもや… いくら何でも、このままでは終わられへん。」                  「マサは、焼酎のロックにチャレンジしたけど…実は匂いに、微妙なクセが在るからなぁ……。」                       「実は、子供の頃から…… うちはウィスキーの匂いが好きやったんや… お父ちゃんの角瓶…飲んでもええやろ…?」

 「もちろんや…自分で口に合うように調節したらええ… 参考までに言うとくと…10~12%が…ベストやと思うで。」

 「11%…やな…? まずは…それでいってみよか…。」「角瓶が40%と云う事は……まぁ…こんなもんやろ……。」

  「えっ…!俺の焼酎はロックやったけど、濃いと思うたんや… それが原因やったんとちゃうんかなぁ…?」

「絶対に、違うやろ。」                                                                    「最終的には、体に入ったアルコール量の問題やからな……昌幸、今のお前にはビール1本が…限度やと思うで。」

 「はぁ…。 けど夕子…俺にも味見程度に…おんなじ物を、一寸だけでええから…作って欲しいんやけど……?」

「よっしゃ、ちょっと待っときや~~。」「うわ~っ!これは、ビールなんかとは…比べモンにならんほど美味しいで。」           「………はい…。 マサの場合…まずはこれだけにしとき。」

   「うん、ほんまや…… ええ香りやなぁ……。」

「マサ、明日は仕事やで…その水割りと、ビール1本の範囲で…抑えるんやで… 明日の晩…再チャレンジしたらええから…。」

 「わ、判ってるわ…だいぶ効いて来たからなぁ……もう2度と…気を失うたりはせえへん…つもり…や……。」

「学習機能が身に付いて来たようやなぁ。」「よっしゃ…うち、次は日本酒にいってみるわ… 1杯目は…やっぱり冷やな…。」

  「おいおい、2杯目の燗も…予定に入ってるんか…?」「俺は…ボチボチ限界やど…。」

「予定では、最後は焼酎もちょっとぐらいは…味見して終わるつもりなんや。」                                  「せやけど、あんたの場合…ほんまにその辺にしといた方がええと思うで… 顔色が、赤から青へ変りかけてるわ。」          「うち、長年…お客さんの様子を見て来たから判るんや…。」

  「…冷………酒や無うて、水をくれるか……。」

   「…はい…………これも学習機能か…?」

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント