FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇) 第21話


 「うん、ぴったりや。思うた通り、よう似合うてるやんか。」

「そうか…そうやなぁ。確かにサイズは、ぴったりやと思うけど、ええんかなぁ?」

「お父ちゃん自身がええと言うてるんやから、かまへんに決まってるやんか。それに、若い時のスーツなんか二度と着られへんのやし、このまま貰っといたらええねん。」

「いや、それはなんぼなんでも……」

「ええねんって…ほら、こっちも着てみ?」


 「ふんふん…こっちもええやん。よっしゃ2着ゲットや。良かったな。」

「お前、簡単に言うけど……」

「かまへんって。」「なぁ、お父ちゃん2着貰うで~聞こえた~?」

「聞こえたで~~サイズが合うんやったら、持って行け~」

「なっ、気にせんでもええって。」

「先生は仕事中やのに……見るぐらい、見てもらってからでないと、具合が悪いんとちゃうんかなぁ?」

「はい、行くで。」

「お前はええかも知れんけど、俺にも親が居てるんやし、気も使いよるんやど……」

「あのなぁ、それも前もって『勝手な事して失礼やけど、無駄にせんためにも了解して下さいね』と、おばちゃんには話をして在るんやで…せやからあんたは、いらん心配をせんでもええんや。」

「え~っ、お前、そんなんいつの間に?」

「いつの間に? あんたの家なんか毎日行ってるのに今頃なに言うてるんや。」

「お前、俺が居て無い時でも………」

「マサかて、うちが居らんでも来るやんか。」

「それは先生が居てるからやないか。」

「うちかて、おばちゃんとは友達なんや。それに今の話なんか、この前の日曜日の事なんやで? あんたは仕事やったけど、おっちゃんも居てはったんや。」「うちは、うちの家とマサの家の…2軒分の料理を作って、それをマサの家まで持って行って3人で食べたんや…なんにも知らんかったんか?」

「…うん…まったく知らんかった。」

「…まぁ、マサは知ってて当たり前と思われてるんかも判らんけどな。」

「…うん、それはそうかも知れへん。せやけど親父は…駐車場の時もそうやったけど気を使いよるはずやで?」

「うん。おっちゃんはマサと同じように気を使うてはった…けど『あんたの服はどないしても昌幸は着らへんやろ? 先生と夕子ちゃんが、こう言うてくれてるんや、あんたはいらん心配せんとき』って、おばちゃんに説得されて…後はいつもの通りや。」

「…黙ってうなづいとったんやな。」

「せや…とにかく、これで先輩の結婚式はなんの問題も無くなったやんか。」「後は小物やけど、これは、うちが揃えたるわ…マサの財布で。」

「お前、そんなんばっかりやないか。せやけど、小物ってなんやねん?」

「小物って言い方が悪かったけどな……カッターシャツは自前のが必要やろ? それから…ネクタイやタイピンなんかも気に入ったやつが在ってもええやんか?」

「ネクタイはともかくも、タイピンこそ借りてもええんとちゃうんか?」

「マサのおっちゃんの事は、詳しくは知らんけどな、お父ちゃんの場合はタイピンとか、そう云う類のモンは全部……阪神タイガースバージョンなんや。嫌いや無いけど、やめといて。」

「そ、そうなんか…確かにタイガースの話はようしてはるけど、俺があんまり興味が無いもんやから…けど、そこまでマニアックやったんか?」

「あのなぁ、優勝が掛かってる試合で、センターの池田が落球しただけで、池田って云う名前を嫌いになるおっさんやで。」

「わ、わかった、覚えとくわ。」

「よっしゃ、今日のうちに揃えてしまうで。昼からは買い物や。」

「昼からやな。ほんで、今日の昼御飯は何を食べさせてくれるんや?」

「あんた、うちの話、ちゃんと聞いてるか?先週はマサの家族の面倒まで見たんやで。あんたが居て無かったんは仕事やから仕方ないやろ? 今日は休みが合うたんや…うちは贅沢を言う女とは違う。お好み焼で辛抱しといたるやん……この幸せ者!」

「世間一般の幸せってどんなモンなんやろ?…解らんようになったきたわ。」

「不幸やと思うてるんか?」

「いや、そんな事…ぜんぜん思うてへん。」

「それを幸せって言うんや。」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR