FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第19話

  「記念すべき二十歳の誕生日は…休みを取る事にしたからな。」

   「アホか…。なに乙女チックな事を言うてるんや。」

 「いやいや、俺もそんな考え方は、持ち合わせて無いんやけどな…そうしといたら…安心して飲めるやないか…。」

  「それがアホやって、言うてるんや… あんた、昼間から飲むつもりなんか…?」

「そんな分け無いやないか…ええか、お前がまだ飲まれへんから…先生が、付き合うてくれる約束まで出来てるんやで。」

「せやから、お父ちゃんかて仕事が終わってからの事や…あんたも、帰って来てからでええやんか…なんの為に休むんや…?」

   「……そうか。」

  「気が付くのが遅過ぎるわ。ほんまにアホな奴っちゃなぁ……。」

 「いや…けど心配はいらん。」「勤務の都合上、連休になったんや…休みを取る必要は…無かったって事か……。」

「ふ~ん…それやったら、まぁええやないか。」「あんたは、普段から休むような事も無いんやし、二日酔いを予定して休むより、二十歳の誕生日の方が休みやすいやろ…たまにはのんびりしたら…?」
 
  「う、うん…せやなぁ……そうするけど…稽古は2日も休まんで済みそうやなぁ……。」

   「もう……ほんま、アホなんか…真面目なんか…ややこしい奴っちゃで。」

 「まぁ酒とは…初対戦やからな。俺には強敵なんか、どうなんか…とにかく、これで安心して飲めるわ。」

「せやな、うちも早よ飲みたいわ。」「小さい頃から酒飲みとは付き合うてきたけど、無茶苦茶…美味しそうに飲みはるんや。」    「時たま、難儀な人も居てるけど…お酒が人を楽しくさせるんは…間違いないわ。」

「俺もそう思う…けど、下戸の親父が、忘年会とかで飲み過ぎて、次の日、辛そうなんを見てるから…その辺には気を付けるわ。」

  「相手がお父ちゃんだけに、乗せられたら終わりや…あんたの場合、気を付けても無駄かも知れんで。」

  「誕生日は誕生日でも…二十歳の誕生日やからなぁ… ほんま、めでたい事やと思えるなぁ…。」

 「よっしゃ…記念すべき最初の一杯は…うちが注いだるわ。」「はい…マサ……おめでとう。」「お父ちゃんも…はい………。」

   「………ふ~っ……。」

   「マサ、どうや……?」

 「なんとも、想像してた味ともちょっと違うような……ど~表現したらええんやろ…?」                              「人の話を聞いてたら、もっと苦いもんかと…思うてたんやけど…『これがビールか』としか…言いようが無いわ。」

 「うん、まぁそうやろなぁ。 俺も最初は、そう思うたような気がするわ…。」                                     「しか~~し……これがクソ暑い夏になる頃には、こんな旨いもんは無いと、思えるようになってる…はずなんや…。」        「おい夕子、あの唐揚げを頼むわ…いまや大好物になってしもたんや。」                                   「昌幸も好きなモンを遠慮せんと食べたらええ…お前が酒を飲んで金を払うんは、明日からや。気にせんと、じゃんじゃんいけ。」

「はい、有難うございます。 今日も、トレーニングと稽古はしっかりしてきたんで…思いっきり腹ペコですわ。」               「なぁ、食べるもんは夕子に任せるから…適当に出してくれるか…?」

「まかしとき。とにかく、あんたも大好きな唐揚げは…前もって、大量に準備出来てるからな……。」                    「これから食べといてくれたら、後はあんたの好きなもんを…適当かつ順序よく出したるわ。」

   「うん…ほんで焼酎も…ちょびっと味見をしてみたいんやけど…ええかなぁ…?」

「もちろんや…良かったら、日本酒も…試してみたらええんやで…。」                                            「うちには、酒の味は分からんけど…食べるモンとは相性が在るみたいやからな……。」                    「その辺は、お父ちゃんと相談したら……そうやお父ちゃんは…ビール以外はウィスキーやったなぁ……。」

 「おいおい、いきなりチャンポンは…効き目が強過ぎるんとちゃうか…?」「明日は休みらしいけど…ほどほどにしとけよ。」

  「はい、飲む方は無理はしません…食べるんは任しといて下さい。」



  「なぁ、マサ………」「…アカン、気を失うてるみたいやで……どうする…?」

 「これは俺でもきついけど、担いで行くしか無さそうやなぁ…まぁ、すぐそこやから…担ぐ時だけ手伝うてくれ。」             「それにしても、食べるんは凄い量を食べよったけど…酒は、ほとんど飲んで無いやろ…?」

 「うん、そうやねん……最初のビールがコップで2杯やろ…?ほんで焼酎が…ロックで1杯と…2杯目が…それや…。」

   「…こいつ、完全に下戸やな………。」

 「そうですなぁ…それもかなりなレベルですわ。」「はっきり言うて…酔うてる間が無かったですもん。」                  「物凄い食べっぷりで、ときたまコップに口を付ける程度で……箸が止まったら…体の機能も止まってましたわ。」

 「うん…お母ちゃんの言う通りやと思う…その後、うちと一瞬目が合うたんやけど、体に続いて…頭も停止しよった。」

「まぁ、一息ついてからにしなはれ…担ぐんはお父さんでも…夕子も一緒に行って、藤川さんに一言…状況を説明しとくんやで。」

 「うん、分かった。」「せやけど、うちはどうなんやろ…?マサよりは飲めんと、女将は務まらんと思うんやけど…?」

  「あんたは、血統から考えても…それこそ、突然変異でも無い限り…絶対飲めるはずですわ。」

   「そう云えば、マサの家で…お酒の類を見た事が無いもんなぁ… うちの家とは大違いや。」

 「せやなぁ、藤川の兄ちゃん…元々大人しい人やけど、酒を飲んでるところを…見た記憶が無いわ…。」 

   「お父さん…そろそろ………。」

  「せやな…家まで送り届けたろか…。」

 「なぁ、これでも明日は…二日酔いになるんやろか…?」

 「この量で二日酔いになるくらいやったら…昌幸の天敵は…夕子だけでは無くなるで。」

スポンサーサイト



コメント

酒が原因で家庭が崩壊する恐れだけはなさそうですね。よかったよかった(笑)

ポール・ブリッツさん、本当にそうですね。

おっしゃる通り、マサに限っては酒でのいざこざは全く心配なさそうですね。

何をとっても女性の方が強いようで・・・これからの展開に御期待を。

非公開コメント