FC2ブログ

制服と割烹着(夕子と昌幸・青春篇)  第14話

 「マサ、非番の日に昼御飯を食べに来てくれた…って、お母ちゃん喜んどったわ。」                               「せやけど…まさか、うちが居て無い時を…選んで来た分けやないやろなぁ…?」

「アホな事を…そんなはず無いやろ……酒も飲めんのに、夜に行ってもと思うて…昼御飯にしたんやないか。」

  「判ってるよ…さすがに、ええ食べっぷりや云うて感心しとったで。」

「やっぱり、おばちゃんの釜めしは最高やったわ… けど、最近は出汁や味付けも夕子がしたりする事も在るそうやなぁ。」  
     「上達の早さが凄いと…褒めとったで。」

 「忘れたんか…加減の出来る女へ変身すると、言うたはずやで……。」                                   「幼虫からサナギの期間は、ほ~~んの少しだけ…迷惑も掛けたかも知れんけど……無事に孵化して…変身は完了したんや。」

 「ほ~っ…サナギの期間って、普通はじっとして大人しいモンやと思うけど、さすがに夕子や…暴れまくってくれたなぁ…。」  
  「もうちょっと孵化に時間が掛かってたら…俺か先生のどっちか死んでたど…絶対。」

 「じっとしてたら、孵化もして無かったんやから…華麗な孵化に貢献出来たと…喜んどいたらええねん。」

 「あのなぁ…華麗な孵化と聞いて連想するんは、普通はアゲハ蝶とかやろ…?」                                「せやけど、お前の場合は【ミヤマクワガタ】か【マイマイカブリ】やないか………あれっ? ゆ、夕子…ど~したんや…?」

 「アホっ!殴られるんを予想して言うのはやめてくれるか… 子供の頃からの悪い癖やで…。」                               「それになぁ、アゲハ蝶より…ミヤマクワガタの方が好きなんや…そこでは怒られへんやろ。」

  「しもた~!お前の嫌いな…マイマイカブリだけにしといたら良かったなぁ…。」

  「……なんで、うちがマイマイカブリを嫌いやと…?確かに好きや無いけど。」

「お前、カタツムリもエスカルゴも嫌いやろ?…そんなお前が嫌いなモンを…食べる虫やで……。」                    「見た眼は真っ黒で…細長い手足…そっくりなんやけどな…痛っ!ここやったんか~~今のは効いたど…。」

「やかましいわ!真っ黒で細長い手足で悪かったなぁ…そのマイマイカブリに嫁に来てくれと言うたんは…あんたやで。」       「今更、あれは嘘やったと言うつもりなんか…?」「それやったら、うちも……。」

 「違う~~それだけは違う……『それやったら、うちも…』って…?…。」                                      「お、おまえこそ…『嘘でもええから』とは言うたけど…ほんまに嘘やったんか…?」

  「いいや……それは違う…嘘なんか言うてへんで。」

   「…ゆ、夕子~~~ 俺、素直に喜ぶで………。」

 「あんた、さっき…『しもた~!マイマイカブリだけにしとったら…』って、言うたやろ…?」                         「どない考えても、怒られるために言うてるやんか…うちの言うた通り、あんたは…うちに怒られて喜んでるんや…わかるやろ?」

 「ど~なんかなぁ…?そう言われたら、怒られるのは計算に入ってたけど……。」                               「う~ん思いついたら黙ってられへん性格やって…お前も知ってるやないか… わざわざ怒られるつもりとは…違うと思うで。」

「ほんなら『真っ黒で細長い手足』って云う部分は…うちの受け答えに関係なく、思いついた時点で言うのは決まってたんか…?」

  「うん……絶対言うてた…。」

   「2回殴られても…?」

 「そうやねん…そこがポイントや…思いついた時点で…体を張る覚悟が必要やねん。」

 「とてつもなく、ど~しようも無い奴っちゃなぁ…… それで、覚悟って…簡単に出来るんか…?」

「子供の頃から…長い間に身に付いた能力なんやろなぁ…覚悟は…結構簡単に…思いついた瞬間…同時に誕生してるんや…。」   「けど今日でもそうや…お前の怒るタイミングが読み切られへん。ここを間違うと…恐怖と悪夢は急激に膨張しよるんや…。」

 「あんたの場合…ほんまに子供の頃から進歩してへんなぁ… そのまんま大人になっとるやんか…。」

「夕子の事にはそうなんや…どう云う分けかお前と居てると…気持ちも性格も…考え方まで…子供の頃に戻ってしまう…。」

「それは~あんたほどや無いけど、うちにも当てはまるで。 誰と居るより安心出来るし、楽しいと思う…せやけど………。」

 「それは嬉しいけど…夕子、さっきの一撃はきつかったでホンマ…… なぁ『せやけど』の続きは…?」

  「………女って事も…忘れてしまうんや…。」

  「……な、なるほど………せやけど………。」

 「どないしたんや…?あんたこそ、『せやけど』の続きは…?」
 「うん……せやけど…夕子お前……嫁に来てくれるって云うたのは…嘘や無いって…言うてくれたよなぁ…?」             「あそこは、本気にしといてええんやろ…?」

 「うん、嘘や無いで…本気にしといてもかまへんよ…。」                                               「ただし、条件付きなんを忘れたらアカンで。 その件については、オリンピックの出場を決めたら…改めて相談においで。」

「よっしゃ…絶対に決めてみせたる…待っとってくれ…それまでに…女やと云う事も…思い出しといてくれたら嬉しいわ…。」

  「なんもかんも……あせる事はない………心配せんでも、あんた以外は訪ねてけぇへんわ。」

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント