夕子、西成区、花園町在住。 第4話          (居酒屋 「洋子」)

「ふう、夕子の聞いてた工事もあってか、今日も忙しかったわぁ。」

「サブちゃん入っておいでぇな。なに遠慮してんのや、あんたらし無いで。」

「・・・ん、繁盛してるみたいやな。」

「あんたも、一生懸命に仕事頑張ってるって、夕子がほめとったで。」

「ほ、ほんまか。」

「ほ・ん・まや。とりあえず、ビール一本はあたしの奢りや。」

「忙しいのはええけど、体、大事にせいよ。疲れたら俺がいつでも指圧したるで。」

「どこの?」

「えっ。」

「どこを、どう指圧しますねん。」

「・・・どこっ・・って・・・」

「なぁ、サブちゃん。あんた夕子やお義母さんにまで気ぃ遣わせて、ええ加減にしいや!」

「なぁ、洋子、そんな包丁握りしめて言わんでも・・・」「いつも言うように、ほんまに、ほんまに、あくまでも仕事なんや。」

「時々、訳の分らん言葉が聞こえてくるって夕子が言てたけど、どんどん成長する女の子にどう云うつもりや。ほんまに。」

「普通の指圧でもわめくような人もおる、中にはごっつう激しいのが居るんや。」

「あほ!」

「うわっ・・・ちがう。誤解や。洋子の考えてるような事は全く無いんや。そりゃ、これでも俺はもてるからなぁ、せがまれる事は在るけど、裸になるのは向こうだけで、俺はちゃんと服は着たままなんや。」

「誰が信用出来るねん、そんな話。」「どっちにしても、裸の女人相手に・・・、ああっ、ほんまに腹の立つ!」

「いやいや、これはこれで、ほんまに大変ななんやで。気も遣うしな、かなりキツイ仕事なんや。」

「ほんなら、やめはったらどうですねん。」

「俺も、出来ることなら止めたいけど、今は2割近こうがこの客なんや。」「しかも、人助けも兼ねてると俺は思ってるんや。」

「人助けの意味が判らんわ。人でなしの間違いですやろ。」

「おいっ、いくらなんでも人でなしは無いやろ。」「ほとんど、いや、全員が飛田のお姉ちゃんでな、今、大阪で大きな工事現場が集中しとって、労働者のおっちゃんらが一般のサラリーマンや商売人より金を持ってる。飛田は大繁盛や。一日に何人も客を取らされてヘトヘトになるそうや。けど、けどな、自分が感じることなんかあらへんし、出来へんやろ。休みの日や、昼間の空き時間に自分もほんまに感じてみたいんや。」「それが、一人、二人と、あそこへ行ったら、ええとこへイケルと口コミで広がってな、こうなってしもたんや。」

「なんや、判らんでも無いとこもあるけど、自分の亭主がそんな事してて喜ぶ女が居てる訳ないやろ・・・なんで、あんたや無いとあかんねん。」

「そりゃ、こう見えても、俺はけっこう二枚目で格好もええと評判みたいで、どうせやったらって・・・云う事やないかと・・・。」

「帰りっ!」

「わっ。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング参加中です・・・

だから…是非!ぜひ!お願い・・・!
プロフィール

弘と書いてひろむと読みます

Author:弘と書いてひろむと読みます
主人公の夕子と昌幸は作者と同級生と云う設定。          ディープな町、西成区花園町の世界を御堪能下さい。

マイカウンター
1話~最新話 の一覧
出来れば最初から読んで下さいね。

全ての記事を表示する

最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ヒゲ爺の独り言

オムライスのある風景
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
ランキング参加中にて・・・
カテゴリ
リンク
フリーエリア
出来る事なら・・・お願い!
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR